« 覚え書:「書評:池田晶子 不滅の哲学 若松 英輔 著」、『東京新聞』2013年12月01日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「沈むフランシス [著]松家仁之 [評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)」、『朝日新聞』2013年12月01日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 国民が何も言えなくなる日」、『毎日新聞』2013年12月02日(月)付。


101

-----

みんなの広場
国民が何も言えなくなる日
無職 64(東京都新宿区)

 特定秘密保護法案は、数日後には成立しそうな状況です。多くの市民や有識者の反対の声など、まるで無視されています。
 先日、ある反対集会に出席した折、その前日の別の反対集会にも参加したという小さい子供さんを連れた若い母親の話を聞きました。その母親はこの子が大きくなった時、「お母さんたちはなぜ反対しなかったの?」と言われたら、「お母さんは、こういう集会にも行ったし、できる限りの反対表明はしたのよ」と言いたいから、この集会に来ましたとおっしゃった。
 私は子供も孫もありませんが、未来の若者を戦場に送り出すことにつながりかねないこの法案の成立に反対しているという意思表示をするために、反対集会に出席しました。
 安倍晋三首相は強行採決してでも、法案成立を目指すだろうと思われます。国民が何も知らされず、何も言えなくなる日が、目前に迫っているような気がしてなりません。
    --「みんなの広場 国民が何も言えなくなる日」、『毎日新聞』2013年12月02日(月)付。

-----

Resize1839
Resize1840


|

« 覚え書:「書評:池田晶子 不滅の哲学 若松 英輔 著」、『東京新聞』2013年12月01日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「沈むフランシス [著]松家仁之 [評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)」、『朝日新聞』2013年12月01日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54147214

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 国民が何も言えなくなる日」、『毎日新聞』2013年12月02日(月)付。:

« 覚え書:「書評:池田晶子 不滅の哲学 若松 英輔 著」、『東京新聞』2013年12月01日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「沈むフランシス [著]松家仁之 [評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)」、『朝日新聞』2013年12月01日(日)付。 »