« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『モダニズムの惑星 英米文学思想史の修辞学』=巽孝之・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「メディア時評 異常、異例の秘密保護法案強行採決=野里洋」、『毎日新聞』2013年12月07日(土)付。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『白山信仰の謎と被差別部落』=前田速夫・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。

201_2


-----
 
今週の本棚・新刊:『白山信仰の謎と被差別部落』=前田速夫・著
毎日新聞 2013年12月08日 東京朝刊

 (河出書房新社・2100円)

 白山神社は全国にある。奈良時代の僧、泰澄が加賀白山に登り、開眼したのが始まりとされる。

 白山信仰は謎が多いという。一地方神が全国に広がっているのはなぜか。主神が女神なのはなぜか。被差別の民に信じられたのはなぜか。

 『余多歩(よたある)き 菊池山哉(きくちさんさい)の人と学問』『白の民俗学へ』などで知られる民俗学者の著者は、白山信仰の謎を追い続けている。

 先達である在野の民俗学者、菊池山哉に倣って日本各地の白山神社を訪ね歩く。旅先の民家の祠(ほこら)に白山姫神が祀(まつ)られているのを見て背中がぞくぞくしたというほどの熱意。

 白山信仰は被差別民と縁が深い。柳田國男がつとにそれを指摘したが、その後、黙した。山哉が柳田の考えを受継いだ。

 いま著者は山哉の考えをさらに受継ぎ、各地の白山神社を調べ歩く。小さな神社まで訪ねるその意欲に感嘆する。健脚の研究者。

 白山信仰は、死、病い、ケガレを忌避しない。死からの再生を願う。だから権力に見捨てられ、既成の宗教からも落ちこぼれた人々が、白い神にすがったのではないか。筆は熱く、読者を白山神社へと誘う。(川)
    --「今週の本棚・新刊:『白山信仰の謎と被差別部落』=前田速夫・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。

-----

[http://mainichi.jp/shimen/news/20131208ddm015070128000c.html:title]

Resize1864


白山信仰の謎と被差別部落
前田 速夫
河出書房新社
売り上げランキング: 21,101

|

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『モダニズムの惑星 英米文学思想史の修辞学』=巽孝之・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「メディア時評 異常、異例の秘密保護法案強行採決=野里洋」、『毎日新聞』2013年12月07日(土)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54187260

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『白山信仰の謎と被差別部落』=前田速夫・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『モダニズムの惑星 英米文学思想史の修辞学』=巽孝之・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「メディア時評 異常、異例の秘密保護法案強行採決=野里洋」、『毎日新聞』2013年12月07日(土)付。 »