« 覚え書:「今週の本棚・CoverDesign:『鑛毒 田中正造と谷中農民』」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『白山信仰の謎と被差別部落』=前田速夫・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『モダニズムの惑星 英米文学思想史の修辞学』=巽孝之・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。

301_2

-----

今週の本棚・新刊:『モダニズムの惑星 英米文学思想史の修辞学』=巽孝之・著
毎日新聞 2013年12月08日 東京朝刊

 (岩波書店・3150円)

 著者のアメリカ文学思想史三部作に続く一冊である。ただし新しい基本構図として、文芸評論家ガヤトリ・スピヴァクが提唱し修正を重ねた「惑星思考(プラネタリティ)」の概念を導入している。そこには「アメリカニズム」という名のグローバリズム時代への批判があり、インターネットなどの電脳空間で均質に制御される「地球」ではなく、人類文明以前から引き続く「他者性」が前提におかれている。事実上、西半球の独立宣言である「モンロー・ドクトリン」が次第にねじれを経て、南米支配--環太平洋における帝国主義--も正当化し、東半球の支配を目指すようになり、二十一世紀には「ブッシュ・ドクトリン」転じてアメリカの単独行動主義にまで至ると著者は論じ、このねじれの開始時期とモダニズム文学の興隆期に関連を見いだす。トウェイン、ワイルド、エリオット、ロレンス、フィッツジェラルド、フォークナー。ロマンティシズムとモダニズムの連続線が鮮やかに提示されているのも大きな読みどころであり、アメリカ文学とイギリス文学が、生者と死者が時空間を越えて結ばれる。超米国的なアメリカ文学思想史。(鴻)
    --「今週の本棚・新刊:『モダニズムの惑星 英米文学思想史の修辞学』=巽孝之・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。

-----


[http://mainichi.jp/shimen/news/20131208ddm015070118000c.html:title]

Resize1865


モダニズムの惑星――英米文学思想史の修辞学
巽 孝之
岩波書店
売り上げランキング: 11,077

|

« 覚え書:「今週の本棚・CoverDesign:『鑛毒 田中正造と谷中農民』」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『白山信仰の謎と被差別部落』=前田速夫・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54187258

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『モダニズムの惑星 英米文学思想史の修辞学』=巽孝之・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚・CoverDesign:『鑛毒 田中正造と谷中農民』」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『白山信仰の謎と被差別部落』=前田速夫・著」、『毎日新聞』2013年12月08日(日)付。 »