« 覚え書:「ハンナ・アレント〈世界への愛〉 その思想と生涯 [著]中山元 [評者]水無田気流(詩人・社会学者)」、『朝日新聞』2013年12月15日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ミツバチの会議―なぜ常に最良の意思決定ができるのか [著] トーマス・D・シーリー [評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)」、『朝日新聞』2013年12月15日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 言葉の足りない国会を憂う」、『毎日新聞』2013年12月15日(日)付。


101_2


-----

みんなの広場
言葉の足りない国会を憂う
事務員 51(埼玉県川口市)

 国会中継を見るたび、居眠りや、やじもさることながら、挙げ句の果てには委員長席になだれ込んでのつかみ合いは何なのだろうかと思う。
 国民が選挙で一票を投じた人たち集まりなのだ。国民から託された代表である。しかし、国会議員というバッジをつけた途端に人格が変わるというより、違う生き物になってしまう。みんなの意見、気持ちをくみ上げ代弁するのが代表たるものではないだろうか。
 国会とは、「国権の最高機関」であって、「国の唯一の立法機関」で「国民の代表機関」と憲法にある。国会のあんなありさまは、国民の存在さえない。
 政党政治の悪は党に縛られることである。一票を投じてくれた人の意見を聞き、自分の言葉を使って、議論を交わし、答えを表明すべきではないか。あの強行採決を見る限り、言葉のないこの国に未来はないと思った。
    --「みんなの広場 言葉の足りない国会を憂う」、『毎日新聞』2013年12月15日(日)付。

-----


102

Resize1908

|

« 覚え書:「ハンナ・アレント〈世界への愛〉 その思想と生涯 [著]中山元 [評者]水無田気流(詩人・社会学者)」、『朝日新聞』2013年12月15日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ミツバチの会議―なぜ常に最良の意思決定ができるのか [著] トーマス・D・シーリー [評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)」、『朝日新聞』2013年12月15日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54300981

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 言葉の足りない国会を憂う」、『毎日新聞』2013年12月15日(日)付。:

« 覚え書:「ハンナ・アレント〈世界への愛〉 その思想と生涯 [著]中山元 [評者]水無田気流(詩人・社会学者)」、『朝日新聞』2013年12月15日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ミツバチの会議―なぜ常に最良の意思決定ができるのか [著] トーマス・D・シーリー [評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)」、『朝日新聞』2013年12月15日(日)付。 »