« 覚え書:「脳病院をめぐる人びと 帝都・東京の精神病理を探索する [著]近藤祐 [評者]荒俣宏(作家)」、『朝日新聞新聞』2013年12月22日(日)付。 | トップページ | 書評:吉見俊哉『アメリカの越え方 和子・俊輔・良行の抵抗と越境』弘文堂、2012年。 »

覚え書:「近代世界システム4―中道自由主義の勝利―1789-1914 [著]I・ウォーラーステイン [評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)」、『朝日新聞』2013年12月22日(日)付。


201_2

-----
 
近代世界システム4―中道自由主義の勝利―1789-1914 [著]I・ウォーラーステイン
[評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)  [掲載]2013年12月22日   [ジャンル]歴史 国際 

■真骨頂の「自由貿易は保護主義」

 「長い16世紀」を扱った1巻刊行が1974年、やっと待望の4巻が出た。本書ではフランス革命の衝撃を吸収する過程である「長い19世紀」(1789-1914年)を扱い、「世界帝国」から「資本主義的世界経済」への移行プロセスを解き明かす。
 仏革命以降、保守主義、自由主義、急進主義(社会主義)という三つのイデオロギーが生まれた。1830年の7月王政で自由主義が勝利する。ルイ=フィリップは「国王」ではなく「フランス人の王」を名乗ろうとした。
 当初の「左翼」的スタンスから「中道」へと軸を移した自由主義者は、穀物条例を廃止し、1848年の欧州革命の試練を乗り切ったことで、英国では自由貿易帝国を形成し、仏国がそれを補完した。
 「近代世界システム」論の真骨頂のテーゼの一つに、「自由貿易は、じっさい、もうひとつの保護主義」がある。「それは、その時点で経済効率に勝(まさ)っていた国のための保護主義」だからである。
 そんなことは新古典派の始祖アルフレッド・マーシャルでさえ気がついていたのだが、21世紀の新自由主義者は、「レッセ・フェール=自由放任」という神話と「進歩」を信奉し続けている。
 近代世界システムの根幹をなす資本主義的世界経済は中核・半周辺・周辺から成り立ち、「不等価交換」を前提に「世界的分業」を展開する。国内にも非正規社員という「周辺」を作り出す、21世紀のグローバリゼーションはそれを地でいっているのだ。
 近代はあらゆることを細分化し、専門家が主役となった。しかしもはや市場の研究のための経済学、国家にかかわる政治学、市民社会を対象とした社会学など再結集しないと、「個人主義という羊の皮を被(かぶ)った、強力な国家のイデオロギー」に他ならぬ自由主義の本質はつかめない。
 5巻、そして6巻を一刻も早く読みたい。
     ◇
 川北稔訳、名古屋大学出版会・5040円/Immanuel Wallerstein 30年生まれ。米国の社会学者。
    --「近代世界システム4―中道自由主義の勝利―1789-1914 [著]I・ウォーラーステイン [評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)」、『朝日新聞』2013年12月22日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013122200005.html:title]

Resize1944


近代世界システムIV―中道自由主義の勝利 1789-1914―
I. ウォーラーステイン
名古屋大学出版会
売り上げランキング: 3,358

|

« 覚え書:「脳病院をめぐる人びと 帝都・東京の精神病理を探索する [著]近藤祐 [評者]荒俣宏(作家)」、『朝日新聞新聞』2013年12月22日(日)付。 | トップページ | 書評:吉見俊哉『アメリカの越え方 和子・俊輔・良行の抵抗と越境』弘文堂、2012年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54401016

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「近代世界システム4―中道自由主義の勝利―1789-1914 [著]I・ウォーラーステイン [評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)」、『朝日新聞』2013年12月22日(日)付。:

« 覚え書:「脳病院をめぐる人びと 帝都・東京の精神病理を探索する [著]近藤祐 [評者]荒俣宏(作家)」、『朝日新聞新聞』2013年12月22日(日)付。 | トップページ | 書評:吉見俊哉『アメリカの越え方 和子・俊輔・良行の抵抗と越境』弘文堂、2012年。 »