« 覚え書:「町村合併から生まれた日本近代 松沢 裕作 著」、『東京新聞』2013年12月22日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「紅白歌合戦と日本人 [著]太田省一 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2013年12月22日(日)付。 »

日記:応答することの可能性として生みだされる私


101

-----

 語りにおいて私は〈他者〉からの問いかけにさらされ、応答することを迫られ--現在の鋭い切り先によって--私は、応答することの可能性〔責任〕として生みだされる。責任あるもの〔応答しうるもの〕として、私は自分の最終的な実存に連れ戻される。こうした極端な注意は、潜在的に存在したものを現勢化するものではない。そのような注意は〈他者〉なくしては考えられないからである。注意深くあることが意味しているのは意識の剰余であり、その剰余は〈他者〉によって呼びかけられることを前提している。注意深くあるとは、〈他者〉による統御を承認し、その命令を受け入れることである。
    -エマニュエル・レヴィナス(熊野純彦訳)『全体性と無限』上、岩波文庫、2005年、368頁。

-----


人は誰かの呼びかけに気づいたとき、その応答を拒絶することは難しい。呼びかけへの応答を拒絶することの困難性は存在の原初に定位するのかも知れない。

人を無視するな--これをレヴィナスは、責任(responsabilite)と呼ぶが、他者の問いかけにさらされることによって、私は、応答することの可能性として生みだされる。

今日は帰省していた子供が東京へ戻ってきます。いない間は、静かで、まあ、いいものなんだナーなどと思っておりましたが、またその応答に応じていかなければならないと、などと思ったり。

さて……、1995年の今日はエマニュエル・レヴィナス師のご命日。

その学徳を偲びつつ。

Resize1931


全体性と無限 (上) (岩波文庫)
レヴィナス
岩波書店
売り上げランキング: 166,209


全体性と無限〈下〉 (岩波文庫)
レヴィナス
岩波書店
売り上げランキング: 188,070

|

« 覚え書:「町村合併から生まれた日本近代 松沢 裕作 著」、『東京新聞』2013年12月22日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「紅白歌合戦と日本人 [著]太田省一 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2013年12月22日(日)付。 »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記:応答することの可能性として生みだされる私:

« 覚え書:「町村合併から生まれた日本近代 松沢 裕作 著」、『東京新聞』2013年12月22日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「紅白歌合戦と日本人 [著]太田省一 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2013年12月22日(日)付。 »