« 覚え書:「今週の本棚:鼎談書評 カナダからみる英語文学 評者・池澤夏樹、鴻巣友季子、中島京子」、『毎日新聞』2013年12月29日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:村上陽一郎・評 『「福音書」解読-「復活」物語の言語学』=溝田悟士・著」、『毎日新聞』2013年12月29日(日)付。 »

日記:心の個々の力の一面的な発展はどんなものでも……悲惨な結末に達し、思いがけない大事件が嵐のように殺到して


101_2

-----

 心の個々の力の一面的な発展はどんなものでも、それが合理的な力であろうと非合理的な力であろうと、全体をかき乱すおそれがあり、だんだん高まってゆくと最後には、個人にとっても集団にとっても民族全体にとっても、悲惨な結末に達し、思いがけない大事件が嵐のように殺到して、それらを危険な方向に追い込む可能性がある。
 このような嵐が当時のドイツ人を襲ったのであって、この嵐に完全に抵抗したのは、ほんのわずかな人々だけであった。
    --マイネッケ(矢田俊隆訳)『ドイツの悲劇』中公文庫、1974年、63頁。

-----

2013年を振り返ると、2月にはじめて、新大久保のデモを見にいった。そのおり、ほんまにこれはヤバいワと実感した。社会情勢的には、ヘイトスピーチや排外主義に冷ややかな眼差しからNOへという方向へ舵が切られ、在特会と京都の朝鮮学校の判例のように、一歩前進したかと思ったのもつかの間……、見通しは甘かった。

合衆国駐日大使へのリプライやら大使館のfbへの書き込みみると、かえって後退しているような感。


[https://twitter.com/CarolineKennedy/status/413212956298461184:title]

[https://www.facebook.com/ConnectUSA:title]


“2.10新大久保デモを拝見して。「『フツー』としか形容する以外にない」「あなたの隣人」が「死ね」とか連呼する日常世界”

[http://d.hatena.ne.jp/ujikenorio/20130211/p1:title]

2月のデモの時はホンマ、殴られそうになってびびったのですが、一国の首相がそれと違わない主張を臆面もなく遂行していく訳で……恣意的な美しいだの、取り戻すのだの、まあ、アホクサと思うし、著書『美しい国へ』(文春新書)なんかは、ブックオフで捨て値だからと高をくくっている間に、まともに考えると、受け入れることのできない考えが容易に広まっていて……。

これもおれの責任なんやろうけれども(ぐはー


ほんと、……そしてその姿勢はまったく僕は選択したくはないのだけど……勢いとか声がでかいというのを侮りすぎたとは思ったりです。

抗いつづけるほかありません。

102_2


ドイツの悲劇 (中公文庫)
マイネッケ
中央公論新社
売り上げランキング: 169,082

|

« 覚え書:「今週の本棚:鼎談書評 カナダからみる英語文学 評者・池澤夏樹、鴻巣友季子、中島京子」、『毎日新聞』2013年12月29日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:村上陽一郎・評 『「福音書」解読-「復活」物語の言語学』=溝田悟士・著」、『毎日新聞』2013年12月29日(日)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54443789

この記事へのトラックバック一覧です: 日記:心の個々の力の一面的な発展はどんなものでも……悲惨な結末に達し、思いがけない大事件が嵐のように殺到して:

« 覚え書:「今週の本棚:鼎談書評 カナダからみる英語文学 評者・池澤夏樹、鴻巣友季子、中島京子」、『毎日新聞』2013年12月29日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:村上陽一郎・評 『「福音書」解読-「復活」物語の言語学』=溝田悟士・著」、『毎日新聞』2013年12月29日(日)付。 »