« 覚え書:「書評:戦争という見世物 木下 直之 著」、『東京新聞』2014年1月12日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「『ユダ福音書』の謎を解く [著]エレーヌ・ペイゲルス、カレン・L・キング [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。 »

書評:ロバート・イーグルストン(田尻芳樹、太田晋訳)『ホロコーストとポストモダン 歴史・文学・哲学はどう応答したか』みすず書房、2013年。


101


ロバート・イーグルストン『ホロコーストとポストモダン 歴史・文学・哲学はどう応答したか』みすず書房、読了。アドルノを引くまでもなくホロコーストは歴史・文学・哲学」を一変させた。その証言やテクストと論争、それをどのように「読む」のか。本書は、ホロコーストに対する膨大な応答を分析、その継承の意義を問う。

主として取り上げるのは、S・フリートレンダー、P・レヴィ、E・ヴィーゼル、レヴィナス、デリダ、アガンベン等々。歴史の消費は記憶を定型化させてしまう(把握の形而上学)。それに抗うのがポストモダニズムだと著者は言う。

歴史的事件における「同一化」と「差異化」。「体験」の「追体験」がそもそも可能なのか。全体性への回収を俊敏に退けることによってこそ継承は可能になるのではないか。それが「読む」ことだ(単独的なものの普遍性を思考すること・デリダ)。

ホロコーストを単純に暴力と同定することは不可能だ。そこに多様なリアリティが存在する。そしてその出来事を考えることが思想の役割である。600頁を超える本書はその一つの素晴らしき見本であり、読み手は西洋哲学の持つ深い基盤に圧倒されるであろう。

本書を読み終えて実感するのは、歴史的事象の是非評価以前に、ホロコースト(そしてその消費の政治性の問題もあるがひとまず措くが)は思想を生業とするものにとっては避けては通れぬ課題なのである。

翻って日本思想界はどうか……。暗澹とせざるを得ない。

日本においてポストモダンとは「クールでかっこいい」ケセラセラの相対主義。真剣に向き合うことへの促しこそポストモダンであるとすれば、それは、対極の受容であるし、歪曲された「消費」に他ならない。

現代日本思想史においてもその受容は変わりない。先の戦争における事象と真っ正面から格闘した思想家はどれだけいるのだろうか。数少ないエッジを除き、皆無と言って良い。植民地支配と戦争犯罪。軽率な論評ばかりだから、シンゾーやゼロが受けるのであろう。

著者はホロコーストや戦争犯罪が暴力云々以前に、そのものの否定こそ、歴史というディスクール以前の暴力だと痛烈に指摘する。否定論の批判にこそポストモダニズムの歴史・文学・哲学は必要なのである、と。

朝鮮半島と中国に対する植民地支配、そして帝国日本の戦争。情緒的な肯定論も用意された反対論もその実相から遠のいていく。時空間を隔てた我々がそれを「読む」とは何か。界の体たらくを批判する前に、課題を明確にしてくれた一書である。

(以下は蛇足)
ガダマーに対する批判が好事例のように、デリダの全方位批判のなかに当てこすりの類もあって、やや「難」と思うフシは否定できないけれども、思想家とは「構え」として、デカルトの方法懐疑ならぬ方法批判という矜持を持ち合わせなければ、「はじまらない」のではないかと思ったりです。

老境にさしつつある思想屋は「定型」の「批判」を繰り返し、若手「論客」は結果として全体へ回収される議論を垂れ流して恬淡として恥じない。その両極には、生きた人間も歴史も存在しない。思想を遂行するとは、出来合の批判を踏襲することでも、受けるディスクールを発することでもないわけなのだが。

古来から現代に至るまでの日本思想史における「批判精神」は…仏教からキリスト教の伝来、西洋思想の本格的な受容に至るまで…全て「外」から摂取・咀嚼によるといってよい。しかし、その殆どは「消費」であって摂取・受容とはほど遠い。根源的に思索を遂行していくということが今ほど問われている。


Resize0021

ホロコーストとポストモダン―― 歴史・文学・哲学はどう応答したか
ロバート・イーグルストン
みすず書房
売り上げランキング: 257,084

|

« 覚え書:「書評:戦争という見世物 木下 直之 著」、『東京新聞』2014年1月12日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「『ユダ福音書』の謎を解く [著]エレーヌ・ペイゲルス、カレン・L・キング [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

Hey there! This is my first visit to your blog! We are a collection of volunteers and starting a new project in a community in the same niche. Your blog provided us beneficial information to work on. You have done a marvellous job!

投稿: Discount Oakley Sunglasses | 2014年1月26日 (日) 21時37分

Great blog right here! Additionally your site rather a lot up fast! What host are you using? Can I am getting your affiliate link on your host? I desire my website loaded up as fast as yours lol

投稿: Gucci Borse | 2014年2月 5日 (水) 20時19分

Write more, thats all I have to say. Literally, it seems as though you relied on the video to make your point. You clearly know what youre talking about, why waste your intelligence on just posting videos to your blog when you could be giving us something enlightening to read?

投稿: Cheap Oakley Sunglasses | 2014年2月 7日 (金) 00時49分

Somebody essentially help to make significantly articles I would state. This is the very first time I frequented your web page and so far? I surprised with the analysis you made to create this particular post amazing. Magnificent job!

投稿: Discount Oakley Sunglasses | 2014年2月 7日 (金) 02時24分

Pretty section of content. I simply stumbled upon your weblog and in accession capital to claim that I get in fact loved account your blog posts. Anyway I will be subscribing to your feeds and even I success you get admission to consistently rapidly.

投稿: Cheap Oakley Sunglasses | 2014年2月 7日 (金) 07時20分

Cheap Oakley Jawbone Sunglasses For Sale Your breeze ended up being frosty, but I strode coupled, wanting to recapture your calmness I desired. Cheap Oakley Sunglasses Pull above to the fools along with allow them move even though you're going very rapidly currently. Only if somebody experienced explained the body My spouse and i loathed during my 20's would be the body My spouse and i wistfully wished pertaining to in my Thirties!

black mens sunglasses I discovered the be aware in the top corner of my own locker, putting along with my personal the field of biology publication. Cheap Oakley Sunglasses Diane Johansen mentioned, aiming in their path and also laughing. Move more than for your idiots as well as allow them to complete even when you're going very quickly already.

Oakley Colourful Frame In which seems very good, I was thinking, as well as slipped away my personal shoes or boots. Cheap Oakley Sunglasses On a single unique situation a fight broke out in a seashore party, with everybody kickboxing and pushing. Sitting there, My partner and i out of the blue felt that the best reward I could supply Grandpa is usually to provide tone of voice towards the account inside of both of us all.

投稿: Kettydex | 2014年2月10日 (月) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54617893

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:ロバート・イーグルストン(田尻芳樹、太田晋訳)『ホロコーストとポストモダン 歴史・文学・哲学はどう応答したか』みすず書房、2013年。:

« 覚え書:「書評:戦争という見世物 木下 直之 著」、『東京新聞』2014年1月12日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「『ユダ福音書』の謎を解く [著]エレーヌ・ペイゲルス、カレン・L・キング [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。 »