« 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『放射能-キュリー夫妻の愛と業績の予期せぬ影響』/『光の子ども 1』」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:井波律子・評 『岩波 世界人名大辞典』=岩波書店辞典編集部編」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »

書評:細馬宏通『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか アニメーションの表現史』新潮社、2013年。


20131018180618


細馬宏通『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか アニメーションの表現史』新潮社、読了。世界で初のアニメーションは『愉快な百面相』(1906年)。3分の作品は黒板に描かれたチョーク画だった。黒板の絵が動く。最初期のアニメはヴォードヴィルの「チョーク・トーク」に由来。寄場の似顔絵即興劇がその原型という。

本書は、『愉快な百面相』から『トムとジェリー』に至るまで、個々の作品分析を通して「アニメーションの表現史」を辿るユニークな試み。ウィンザー・マッケイ、W・ディズニー、フライシャー兄弟など、巨匠たちの表現技法について具体的に解読する。

著者の専門は、視聴覚メディア史(言葉と身体動作の時間構造)。映像とセリフのシンクロニシティを巡る考察がスリリング。アメリカではプレシンク、日本ではポストシンク。前者は映像と音声を合わせるが、後者は無視する。アフレコは浄瑠璃等の伝統に浮上する。

「アニメーションの傑作はいかに作られたか?」(帯) 本書は著者の大学での講義が本書の元になっているが、映像と併せて読むとより理解しやすい。


これが世界で最初のアニメーション「愉快な百面相」(1906)ですね。
Humorous Phases of Funny Faces:


http://youtu.be/8dRe85cNXwg

Resize0054

|

« 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『放射能-キュリー夫妻の愛と業績の予期せぬ影響』/『光の子ども 1』」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:井波律子・評 『岩波 世界人名大辞典』=岩波書店辞典編集部編」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

Good info. Lucky me I ran across your blog by accident (stumbleupon). I've saved as a favorite for later!

投稿: Discount Oakley Sunglasses | 2014年1月26日 (日) 12時33分

Hi it's me, I am also visiting this web page regularly, this web page is in fact nice and the viewers are really sharing pleasant thoughts.

投稿: Discount Oakley Sunglasses | 2014年2月11日 (火) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54672111

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:細馬宏通『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか アニメーションの表現史』新潮社、2013年。:

« 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『放射能-キュリー夫妻の愛と業績の予期せぬ影響』/『光の子ども 1』」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:井波律子・評 『岩波 世界人名大辞典』=岩波書店辞典編集部編」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »