« 書評:ロバート・イーグルストン(田尻芳樹、太田晋訳)『ホロコーストとポストモダン 歴史・文学・哲学はどう応答したか』みすず書房、2013年。 | トップページ | 覚え書:「復興文化論―日本的創造の系譜 [著]福嶋亮大 [評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。 »

覚え書:「『ユダ福音書』の謎を解く [著]エレーヌ・ペイゲルス、カレン・L・キング [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。


401


-----

『ユダ福音書』の謎を解く [著]エレーヌ・ペイゲルス、カレン・L・キング
[評者]赤坂真理(作家)  [掲載]2014年01月12日   [ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 

■イエスの死に異説、新たなユダ像

 子供の頃、キリスト教は魅惑的で、少し恐怖だった。その素朴で複雑な感情を言葉にすればこんなだ――“拷問されて死んだ男のイメージを崇(あが)めるとは!?”
 イエス・キリストが、ローマ帝国によって十字架につけられ拷問され死んだ。仮にここまでを史実とするなら、「キリスト教」はその死の解釈が核となった宗教である。「イエス・キリストは人類の罪を償うために犠牲となった」「そして復活した」。もしそうなら、人類に罪や苦しみはもうないはずだ。
 が、その考えは実際にはさらなる暴力装置、訳者の言を借りれば〈犠牲のシステム〉とされていった。殉教の称揚は、ひいては王のため国家のために死ぬ者を、尊い犠牲として称賛する。と、そのために進んで命を投げ出す者が現れる。権力者にとって、これほどうまい話もない。
 本書では、二つのことが鮮やかな変容を見せる。ひとつはこの〈犠牲のシステム〉。もう一つが、もちろんユダ像。かの「裏切り者」ユダ。しかし、『ユダ福音書』では、ユダこそ唯一、イエスを理解した弟子である。イエスを引き渡すことによって他の弟子を凌(しの)ぐ存在になるとイエスに告げられる。
 『ユダ福音書』にも「犠牲」の語はある。しかし「霊的変容の文学」のそれとして。
 『ユダ福音書』と響き合うテキストとして引用された詩が美しい。一般には「最後の晩餐(ばんさん)」にあたる場面。そこでイエスは弟子たちの輪の中に入り、こんなふうに吟唱する。「私は、私を知るあなたの鏡」「私は、私を叩くあなたの門」「語る私のなかにあなた自身を見るがよい……」
 本書に出逢(であ)えてよかった。もし今、私たちの心にこうしたイエスが響くなら、多神教と一神教、一神教と一神教、私と彼ら……断絶して見えるものたちの間にも一筋の橋がかからないだろうか。
    ◇
 山形孝夫・新免貢訳、河出書房新社・2520円/Elaine Pagels,Karen L.King ともに米国の宗教研究者。
    --「『ユダ福音書』の謎を解く [著]エレーヌ・ペイゲルス、カレン・L・キング [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。
 
-----

[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014011400001.html:title]


Resize0041


『ユダ福音書』の謎を解く
エレーヌ・ペイゲルス カレン・L・キング
河出書房新社
売り上げランキング: 3,478


|

« 書評:ロバート・イーグルストン(田尻芳樹、太田晋訳)『ホロコーストとポストモダン 歴史・文学・哲学はどう応答したか』みすず書房、2013年。 | トップページ | 覚え書:「復興文化論―日本的創造の系譜 [著]福嶋亮大 [評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

Why visitors still make use of to read news papers when in this technological world the whole thing is accessible on web?

投稿: Fake Oakleys | 2014年2月 6日 (木) 19時45分

Do you have a spam issue on this site; I also am a blogger, and I was wanting to know your situation; many of us have created some nice procedures and we are looking to swap solutions with other folks, be sure to shoot me an e-mail if interested.

投稿: Fake Oakleys | 2014年2月 7日 (金) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54667556

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「『ユダ福音書』の謎を解く [著]エレーヌ・ペイゲルス、カレン・L・キング [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。:

« 書評:ロバート・イーグルストン(田尻芳樹、太田晋訳)『ホロコーストとポストモダン 歴史・文学・哲学はどう応答したか』みすず書房、2013年。 | トップページ | 覚え書:「復興文化論―日本的創造の系譜 [著]福嶋亮大 [評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)」、『朝日新聞』2014年01月12日(日)付。 »