« 書評:駒井洋監修、小林真生編『移民・ディアスポラ研究3 レイシズムと外国人嫌悪』明石書店、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:若島正・評 『日本語に生まれて』=中村和恵・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »

覚え書:「ローマ法王:長崎キリシタンは「模範」 潜伏し信仰死守、称賛」、『毎日新聞』2014年01月17日(金)付。


401_3

-----

ローマ法王:長崎キリシタンは「模範」 潜伏し信仰死守、称賛
毎日新聞 2014年01月17日 東京朝刊

一般謁見に現れたフランシスコ・ローマ法王=バチカンのサンピエトロ広場で15日、AP

 【ローマ福島良典】世界のキリスト教カトリック信徒約12億人の頂点に立つフランシスコ・ローマ法王は15日、江戸時代に長崎の潜伏キリシタンが聖職者不在の中で約250年間にわたって自分たちで洗礼を授け、信仰を守り続けてきたことを「模範」とたたえた。

 法王はバチカンのサンピエトロ広場での一般謁見で「日本のキリスト教徒は17世紀初めに厳しい迫害を受けた。司祭は追放されて、いなかったが、キリスト教徒は潜伏しながら信仰と祈りを守り、子どもが生まれると父母が洗礼した。洗礼のおかげで生き延びた」と説明。「この出来事から私たちは多くのことを学ぶことができる」と述べた。

 法王が言及したのは長崎・浦上の潜伏キリシタン。禁教下、7世代にわたって信仰を死守してきた農民の男女十数人が1865年に大浦天主堂を訪れ、約250年ぶりに信徒と司祭の出会いが実現した。「信徒発見」と呼ばれ、宗教史上の奇跡と言われている。

 日本全国のカトリックの司教で作る「日本カトリック司教協議会」は2015年が「信徒発見」から150周年にあたることなどから、法王の訪日を招請している。訪日が実現すれば、1981年2月の前々任、ヨハネ・パウロ2世以来2回目となる。法王は昨年7月のブラジル訪問の帰路、今年以降、アジアを訪問したいとの意向を表明した。
    --「ローマ法王:長崎キリシタンは「模範」 潜伏し信仰死守、称賛」、『毎日新聞』2014年01月17日(金)付。

-----

[http://mainichi.jp/shimen/news/20140117ddm007030140000c.html:title]

Resize_402

Resize0057

|

« 書評:駒井洋監修、小林真生編『移民・ディアスポラ研究3 レイシズムと外国人嫌悪』明石書店、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:若島正・評 『日本語に生まれて』=中村和恵・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »

神学」カテゴリの記事

コメント

Why users still use to read news papers when in this technological globe all is accessible on web?

投稿: Fake Oakleys | 2014年2月12日 (水) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「ローマ法王:長崎キリシタンは「模範」 潜伏し信仰死守、称賛」、『毎日新聞』2014年01月17日(金)付。:

« 書評:駒井洋監修、小林真生編『移民・ディアスポラ研究3 レイシズムと外国人嫌悪』明石書店、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:若島正・評 『日本語に生まれて』=中村和恵・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »