« 覚え書:「今週の本棚:井波律子・評 『岩波 世界人名大辞典』=岩波書店辞典編集部編」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:中島岳志・評 『岡倉天心「茶の本」を読む』=若松英輔・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『神社の起源と古代朝鮮』=岡谷公二・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。

301_2

-----

今週の本棚・新刊:『神社の起源と古代朝鮮』=岡谷公二・著
毎日新聞 2014年01月19日 東京朝刊

 (平凡社新書・840円)

 神社というと、日本固有の存在と考えやすい。そのせいか、神社のもつ外来的要素を探る研究は異端視されがちだ。著者は神社信仰の成立という最も根本的な部分に古代朝鮮、中でも三国の一つ、新羅(しらぎ)の影響があるとの仮説を立てる。タブーを超えていくスリリングな力作。

 渡来人の痕跡を残す神社は、実は珍しくない。問題は、日本と朝鮮の、どちらがどちらに影響を及ぼしたかの点だ。著者はまず近江(滋賀県)の渡来系神社が例外なく古いという事実を前に、「渡来人たちが、倭人の神社にならって自分たちの神社を祀(まつ)ったのではない」と確信する。

 奈良、出雲……と探査を深め、クライマックスは韓国・慶州への旅。目的は、神樹が形づくる「堂(タン)」と呼ばれる聖地だ。このかつての新羅の都で、建物がなくて森だけの堂に出合う。神社も元々は社殿がなく、山や森、巨樹、巨岩に降臨する神を祭ったとするのが通説だ。日本の古い信仰と同じ形の堂の存在は、神社の起源が新羅にあることを示すのか……。

 軽々な結論は避けたいが、著者の実地踏査は説得力がある。近年、韓国の研究者も関心を持ち始めたといい、今後の展開が興味深い。(和)
    --「今週の本棚・新刊:『神社の起源と古代朝鮮』=岡谷公二・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。

-----

[http://mainichi.jp/shimen/news/20140119ddm015070010000c.html:title]

Resize0060
神社の起源と古代朝鮮 (平凡社新書)
岡谷 公二
平凡社
売り上げランキング: 10,953

|

« 覚え書:「今週の本棚:井波律子・評 『岩波 世界人名大辞典』=岩波書店辞典編集部編」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:中島岳志・評 『岡倉天心「茶の本」を読む』=若松英輔・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54704539

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『神社の起源と古代朝鮮』=岡谷公二・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚:井波律子・評 『岩波 世界人名大辞典』=岩波書店辞典編集部編」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:中島岳志・評 『岡倉天心「茶の本」を読む』=若松英輔・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 »