« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『山の本をつくる』=中西健夫・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 書評:駒井洋監修、小林真生編『移民・ディアスポラ研究3 レイシズムと外国人嫌悪』明石書店、2013年。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『月日の残像』=山田太一・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。


201_2


-----

今週の本棚・新刊:『月日の残像』=山田太一・著
毎日新聞 2014年01月19日 東京朝刊

 (新潮社・1680円)

 テレビの人気脚本家というと派手な印象があるが山田太一はむしろ地味。好んで表に出ないようにしているところがある。

 大学を卒業してから松竹に入社。助監督として木下恵介作品に八本ついた。仕事柄、人前で大声を出さなければならないが、これが苦手だったという。人と騒ぐのも苦手。

 多くの助監督が監督を目ざすなかで脚本家の道を選んだ。一人で出来るから。「一人でいられて好きな映画に関われるのは、シナリオライターしかないではないか」

 浅草の生まれというのは意外。家は食堂をしていた。それでいて「地縁共同体で育ったという記憶がほとんどない」と孤高。

 戦時中、店は強制疎開で壊され、やむなく湯河原に移った。そこで母親は敗戦直前に病死する。また三人の兄を肺結核で亡くしている。

 あまり子ども時代のことを語らない山田太一だが、死を身近に見て育ったことが分かる。山田ドラマの底に見え隠れする人間への厳しい目はこの体験ゆえかもしれない。

 ずっと東京ではなく川崎市の溝の口のはずれに住む。東京に出て光を浴びたくないからという。(川)
    --「今週の本棚・新刊:『月日の残像』=山田太一・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。

-----

[http://mainichi.jp/shimen/news/20140119ddm015070019000c.html:title]

Resize0050
月日の残像
月日の残像
posted with amazlet at 14.01.19
山田 太一
新潮社
売り上げランキング: 5,620

|

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『山の本をつくる』=中西健夫・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 書評:駒井洋監修、小林真生編『移民・ディアスポラ研究3 レイシズムと外国人嫌悪』明石書店、2013年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

Excellent blog here! Also your site loads up fast! What host are you using? Can I get your affiliate link to your host? I wish my site loaded up as quickly as yours lol

投稿: Oakley Sunglasses Cheap | 2014年2月10日 (月) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54670478

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『月日の残像』=山田太一・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『山の本をつくる』=中西健夫・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 書評:駒井洋監修、小林真生編『移民・ディアスポラ研究3 レイシズムと外国人嫌悪』明石書店、2013年。 »