« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『神社の起源と古代朝鮮』=岡谷公二・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「発信箱:丸山真男と北条民雄=小国綾子(夕刊編集部)」、『毎日新聞』2014年01月21日(火)付。 »

覚え書:「今週の本棚:中島岳志・評 『岡倉天心「茶の本」を読む』=若松英輔・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。


201


-----

今週の本棚:中島岳志・評 『岡倉天心「茶の本」を読む』=若松英輔・著
毎日新聞 2014年01月19日 東京朝刊

 (岩波現代文庫・945円)

 ◇「美の宗教」から捉えるアジアという普遍性

 日本とアジアの関係が日増しに重要となる今日、岡倉天心はアクチュアルな思想家である。

 天心はインドで執筆した『東洋の理想』の冒頭で「アジアは一つ」と言った。中国とインドはヒマラヤ山脈で隔てられ、文化的な差異が明確に存在する。仏教やヒンドゥー教、イスラーム、儒教など、宗教も多様だ。しかし、それでも「アジアは一つ」だと天心は言う。なぜか。

 天心の見るところ、アジアは「不二一元」という同じ観念を共有している。山の頂は一つだが、登り道は複数存在する。世界はバラバラでありながら、いずれ一つの真理に到達する。アジア的思惟(しい)は真理の唯一性と、真理に至る道の複数性を重視してきた。無限の真理そのものを、有限の人間が把握しきることはできない。しかし、ただ一つの超越は、有限なる世界に具体的な姿を伴って自己展開する。すべては「一なるもの」の表現である。

 この「不二一元」論を、天心はインドの宗教思想家ヴィヴェーカーナンダから吸収した。そして、その認識論をアジア的論理として定位し、近代を昇華しようとした。天心にとってアジアは地理的な概念ではなく、宗教的概念である。彼はその具体的展開を「茶道」の中に見た。若松は、不二一元論こそ『茶の本』に太く貫かれた思想であると強調する。

 天心にとって、「茶」は単なる褐色の飲料ではない。それは「何ものかに遣わされた平和の使者である」。人は「茶」を媒介とすることで超越的存在と交わり、「いま」を変容させる。茶は天と人を結びつける。そして、一なる愛がよみがえる。

 茶道はそのための「道」である。「不可視のもの」が通る場所である。人は日々苦しみ、悲しみを背負う。しかし、静かに茶を飲むことで、もう一つの世界とつながる。嘆きの眼(め)には不可視の光が注ぎ、全身が宇宙に包まれる。傍らには何気ない茶器や一輪の花が添えられる。その美は我々に働きかけ、神の遍在を伝える。私たちは自己がその一部をなしていることに静謐(せいひつ)の中で気づく。

 天心は繰り返し「愛」の存在を喚起した。「愛」は差異と同一性の絶対矛盾の中に現れる奇跡である。天心にとって「愛」とは、「万物が、ふたたびその同一性を取りもどそうとする働き」である。アジアは「愛」であると天心が言った時、アジアは限定された空間を超えて普遍となる。アジアが世界を包む。そこに洋の東西は存在しない。

 『茶の本』は、単なる「茶の本」ではない。それは「茶」という「美の宗教」のあり方を問うことで、近代世界に変容を促す思想書である。天心は多くの思想家と交響し、アジアという旋律を奏でる。若松は内村鑑三や柳宗悦、九鬼周造、井筒俊彦などとの時空を超えたシンフォニーに耳を傾け、そこに壮大な思想的オーケストラを構成する。「読む」ことは、時に「書く」こと以上に創造的な行為である。若松は、真の意味で『茶の本』を読もうとする。そこには生命の根本を揺るがす律動が存在する。

 ボートを漕(こ)ぐ者は、前に進むために後ろを向く。過去を見なければ、前に進むことなどできない。私たちは未来へ向けて、死者と対話しなければならない。天心を「読む」ということは、その先の近代を構想することに他ならない。

 アジアと共に生きるしかない日本は、近隣諸国との不和ばかりを加速させている。私たちは、アジアを定位し直すことから、あるべき未来を見つめる必要があるだろう。そのとき本書はアジアの潜在的可能性を喚起する。名著だ。
    --「今週の本棚:中島岳志・評 『岡倉天心「茶の本」を読む』=若松英輔・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。

-----


[http://mainichi.jp/shimen/news/20140119ddm015070012000c.html:title]

Resize0059
岡倉天心『茶の本』を読む (岩波現代文庫)
若松 英輔
岩波書店
売り上げランキング: 1,732

|

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『神社の起源と古代朝鮮』=岡谷公二・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「発信箱:丸山真男と北条民雄=小国綾子(夕刊編集部)」、『毎日新聞』2014年01月21日(火)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

Nice post. I used to be checking constantly this weblog and I'm impressed! Extremely helpful info specifically the closing section :) I handle such information much. I used to be seeking this particular info for a very long time. Thanks and best of luck.

投稿: Replica Oakley Sunglasses | 2014年2月 6日 (木) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54704541

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:中島岳志・評 『岡倉天心「茶の本」を読む』=若松英輔・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『神社の起源と古代朝鮮』=岡谷公二・著」、『毎日新聞』2014年01月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「発信箱:丸山真男と北条民雄=小国綾子(夕刊編集部)」、『毎日新聞』2014年01月21日(火)付。 »