« 覚え書:「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む [著]マシュー・グッドマン [評者]荒俣宏(作家)」、『朝日新聞』2014年01月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ひと:丸山健二さん=古典的名作を超訳」、『毎日新聞』2014年01月30日(木)付。 »

書評::トルストイ(平民社、国書刊行会編集部訳)『現代文 トルストイの日露戦争論』国書刊行会、2011年。

101


-----

NHK、領土問題「国際放送で」 就任会見で籾井会長


 記者会見するNHKの籾井勝人会長=25日午後、東京・渋谷のNHK放送センター

 NHKの籾井勝人会長は25日、東京・渋谷の放送センターで開かれた会長就任の記者会見で「尖閣や竹島という領土問題は、明確に日本の立場を主張するのは当然のことだ」と述べ、外国人向け国際放送で領土問題を取り上げることを最重要課題とする考えを示した。

 籾井会長は特定秘密保護法や従軍慰安婦問題についても持論を展開、公共放送の在り方について今後議論を呼びそうだ。

 籾井会長は「政府が『右』と言っているものを、われわれが『左』と言うわけにはいかない。国際放送にはそういうニュアンスがある」と説明した。
[http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012501001698.html:title]

-----

ちょうどこんなばかげた老人の醜態を表す記事がながれてきたとき、『現代文 トルストイの日露戦争論』国書刊行会を読み終えたのだけど、戦争回避への道程としてトルストイは「人が自ら招いた災難、とりわけ最も恐るべき戦争から免れる一番の有効策は、決して国家に対する外交的手段ではなく、ただ単に各個人の良心に訴えることである」という。ホント、ここだなあ、と。

本書は、トルストイがロンドンタイムズに寄稿した「日露戦争論」(1904年6月27日、日本では8月7日に『平民新聞』hが緊急掲載)した日露戦争論を現代語訳して収録。付録して次の3記事を収録。

1)「トルストイ時局談」 フランス・フィガロ紙
2)「トルストイの日露戦争論」 ロンドンタイムズ評
3)石川啄木批評「トルストイの日露戦争論」

トルストイがこの論文を発表したひその日は、旅順港襲撃の功労に対してテンノーヘイカが東郷平八郎連合艦隊司令長官に勅語を贈った翌日。

いまこそ、読み直されてしかるべき著作、待望の現代語訳。


Resize01_09


現代文 トルストイの日露戦争論
レフ・ニコラエヴィチ トルストイ
国書刊行会
売り上げランキング: 874,738

|

« 覚え書:「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む [著]マシュー・グッドマン [評者]荒俣宏(作家)」、『朝日新聞』2014年01月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ひと:丸山健二さん=古典的名作を超訳」、『毎日新聞』2014年01月30日(木)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

If some one desires expert view about blogging and site-building after that i suggest him/her to visit this web site, Keep up the nice job.

投稿: replica Oakley Sunglasses | 2014年2月 7日 (金) 00時12分

Hi, I log on to your blog daily. Your writing style is awesome, keep doing what you're doing!

投稿: Discount Oakley Sunglasses | 2014年2月 7日 (金) 10時50分

Thanks for finally writing about this topic Loved it!

投稿: Fake Oakleys | 2014年2月10日 (月) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54815599

この記事へのトラックバック一覧です: 書評::トルストイ(平民社、国書刊行会編集部訳)『現代文 トルストイの日露戦争論』国書刊行会、2011年。:

« 覚え書:「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む [著]マシュー・グッドマン [評者]荒俣宏(作家)」、『朝日新聞』2014年01月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「ひと:丸山健二さん=古典的名作を超訳」、『毎日新聞』2014年01月30日(木)付。 »