« 覚え書:「日本語に生まれて 世界の本屋さんで考えたこと [著]中村和恵」、『朝日新聞』2014年01月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『座談の思想』=鶴見太郎・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。 »

書評:トーマス・D・シーリー(片岡夏実訳)『ミツバチの会議 なぜ常に最良の意思決定ができるのか』築地書館、2013年。


101


トーマス・シーリー『ミツバチの会議 なぜ常に最良の意思決定ができるのか』築地書館、読了。各々が仕事を分担し複雑な共同生活を営むミツバチ。どうして高度な社会を営むことが可能か。本書は探索バチの巣分かれ行動の分析を通じてその疑問に答える。

ミツバチは数日で巣分かれを実行する。巣場所候補を探し数ある選択肢から最良を見いだすのが探索バチ。各々が尻降りダンスで場所をアピールしその提案が吟味。特定の蜂が先験的に判断するのではなく、コロニー内の水平な討議(会議)が候補を決定する。

ミツバチの行動分析を通じて浮かび上がる合意形成の5つのポイントを著者は次のように指摘する。

1)意思決定集団は、利害が一致し、互いに敬意を抱く個人で構成する
2)リーダーが集団の考えに及ぼす影響をできるだけ小さくする
3)多様な解答を探る
4)集団の知識を議論を通じてまとめる
5)定足数反応を使って一貫性、正確性、スピードを確保する

著者は5つの教訓に従い教授会を運営、その成果が評価されているという。(本能だろうが)ミツバチの合意形成プロセスは「集団が選択肢を探す能力は、一個人の力に勝る」ことを雄弁に語っている。無言の会議ではなく、多様な選択肢をどれだけ出し、それを公平に判断できるのかどうか。本書には民主主義再生のヒントが詰まっている。

[http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1462-0.html:title]

Resize0127

ミツバチの会議: なぜ常に最良の意思決定ができるのか
トーマス・D. シーリー
築地書館
売り上げランキング: 21,966

|

« 覚え書:「日本語に生まれて 世界の本屋さんで考えたこと [著]中村和恵」、『朝日新聞』2014年01月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『座談の思想』=鶴見太郎・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

Because the admin of this web page is working, no uncertainty very shortly it will be famous, due to its quality contents.

投稿: Jack Wolfskin Sale | 2014年2月 7日 (金) 08時01分

oakley radar infrared photocromic Through the rest of the day My partner and i kept thinking of Jimmy. replica Oakley Sunglasses When we're resting with lunch the lady delicately describes she as well as your ex hubby are considering starting up children. However noticed a tiny car park regular exactly where I decided to have to wait.

sunglasses m I stumbled upon Nice Bill, that we had popular for a long time in Grandpa's garden lacking the knowledge of the name. Fake Oakleys This individual was a well-informed football fan and quite often required to Ebbets Area to find out the actual Brooklyn Dodgers perform. My partner and i take a look at my pal, attempting to determine what things to inform her.

Cheap Authentic Oakley Radar Sunglasses He or she has been severely impaired and extremely brief, and when we'd walk collectively, his / her hand on my small equip for stability, folks would certainly look. Oakley Sunglasses Sale However important she could be in the office, she will second-guess very little continuously like a new mother. Just i then received an appointment in my cell phone via Christy.

投稿: Kettydex | 2014年2月10日 (月) 06時26分

Everything is very open with a precise description of the issues. It was truly informative. Your website is useful. Thank you for sharing!

投稿: Cheap Oakley Sunglasses | 2014年2月13日 (木) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54834834

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:トーマス・D・シーリー(片岡夏実訳)『ミツバチの会議 なぜ常に最良の意思決定ができるのか』築地書館、2013年。:

« 覚え書:「日本語に生まれて 世界の本屋さんで考えたこと [著]中村和恵」、『朝日新聞』2014年01月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『座談の思想』=鶴見太郎・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。 »