« 覚え書:「教育委員会-何が問題か [著]新藤宗幸 [評者]川端裕人(作家)」、『朝日新聞』2014年02月02日(日)付。 | トップページ | 日記:歴史はまた、起源をおごそかに祭りあげるのを笑うことを教えてくれる »

覚え書:「地図と領土 [著]ミシェル・ウエルベック [評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)」、『朝日新聞』2014年02月02日(日)付。


201_2


-----

地図と領土 [著]ミシェル・ウエルベック
[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)  [掲載]2014年02月02日   [ジャンル]文芸 

■純然たる絶望、奇妙な清々しさ

 フランス現代文学の鬼才、いや、鬼っ子の新作『地図と領土』は、世界と人間への強烈な侮蔑と、それを自らに許す作家自身のあまりにも魅力的な傲慢(ごうまん)という持ち味を遺憾なく発揮しつつ、新たな境地へと鮮やかに突き抜けてみせた、紛(まご)うかたなき傑作である。
 主人公はジェド・マルタン、アーティスト。若き日の芸術的理想を捨ててリゾート開拓の分野で成功を収めたが、既に引退している寡黙な老父が買ってくれたパリのアパルトマンにひとり住みながら、孤独に作品制作をしている。だがジェドの孤独は彼自身が望んだことでもある。彼は一個人としては、他人にも社会にも興味を抱いていない。だが、にもかかわらず彼はフランスという国と、より大きな視野での現代文明と人間生活にかんする、独創的と言ってよい芸術作品を創り出し、本人の意志とは無関係に、あっという間に美術界のスターになってしまう。写真、絵画、ビデオと媒体を変えながら、ジェドは共感とは無縁のまま、世界を冷徹かつ克明に描き出すことで、それらと否(いや)応無しにかかわってゆく。まず何よりも、この小説は、一風変わった「芸術(家)小説」である。
 だが、ここにもうひとりの人物が登場する。それはなんと「ミシェル・ウエルベック」である。世間のイメージそのままのスキャンダラスで嫌われ者のウエルベックに、ジェドは自分の展覧会カタログへの寄稿を依頼し、作家の肖像画を描くことになる。孤独な芸術家と孤立した小説家は不思議な交流を結ぶ。だが、そこに或(あ)る事件が起こる……予想もつかない展開に、読者の多くは驚愕(きょうがく)することだろう。それはまるで、小説のジャンルが一変してしまったかのようでさえある。だがその後には、深く苦い納得が待ち受けている。完璧な、決然としたペシミズム。純然たる絶望。だが、それはなぜか奇妙に清々(すがすが)しいのだ。
    ◇
 野崎歓訳、筑摩書房・2835円/Michel Houellebecq 58年、仏生まれ。小説家。『素粒子』『ある島の可能性』など。
    --「地図と領土 [著]ミシェル・ウエルベック [評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)」、『朝日新聞』2014年02月02日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014020200005.html:title]

Resize0161


地図と領土 (単行本)
地図と領土 (単行本)
posted with amazlet at 14.02.07
ミシェル ウエルベック
筑摩書房
売り上げランキング: 6,283

|

« 覚え書:「教育委員会-何が問題か [著]新藤宗幸 [評者]川端裕人(作家)」、『朝日新聞』2014年02月02日(日)付。 | トップページ | 日記:歴史はまた、起源をおごそかに祭りあげるのを笑うことを教えてくれる »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

Write more, thats all I have to say. Literally, it seems as though you relied on the video to make your point. You clearly know what youre talking about, why throw away your intelligence on just posting videos to your site when you could be giving us something informative to read?

投稿: Cheap Oakley Sunglasses | 2014年2月12日 (水) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54903935

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「地図と領土 [著]ミシェル・ウエルベック [評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)」、『朝日新聞』2014年02月02日(日)付。:

« 覚え書:「教育委員会-何が問題か [著]新藤宗幸 [評者]川端裕人(作家)」、『朝日新聞』2014年02月02日(日)付。 | トップページ | 日記:歴史はまた、起源をおごそかに祭りあげるのを笑うことを教えてくれる »