« 書評:トーマス・D・シーリー(片岡夏実訳)『ミツバチの会議 なぜ常に最良の意思決定ができるのか』築地書館、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:加藤陽子・評 『濱口雄幸伝 上・下』=今井清一・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『座談の思想』=鶴見太郎・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。


401_2

-----

今週の本棚:堀江敏幸・評 『座談の思想』=鶴見太郎・著
毎日新聞 2014年02月02日 東京朝刊

 (新潮選書・1470円)

 ◇豊かな思考のうねりを導き出した言葉の往還

 ひとりで考えを組み立てる論文のような書き言葉とちがって、話し言葉による他者とのやりとりは、その場で互いの長所短所を確認し合い、新しい知見を獲得するための、大きな力になる可能性を秘めている。

 両者の思考が噛(か)み合わず、最後まで平行線をたどる場合もなくはないのだが、そこに調整役として三人目を加え、座の形にしてみると、二人ではなしえなかった思考の混じり合いが参席者を思わぬ展開に誘い、当初予想もしなかった実りをもたらすことがある。その場合、座が自由の気に満ちて有機的に変容し、各自の思考を深化させるような「良い環境」であった証拠となるだろう。ならば座談とは、またそのダイナミスムとはどのようなものなのか。

 本書は、新聞雑誌で頻繁に見かけるこの座談という、他国にあまり例のない形式の意義と可能性を、近代日本の思想史のなかに位置づける試みである。大きな礎石のひとつは、中江兆民の『三酔人経綸(さんすいじんけいりん)問答』(明治二〇)。非武装平和論を説く洋学紳士、隣国への進出を謳(うた)う現実路線の豪傑君、立憲制度のもとで段階的に理想を追うべきだとする南海先生の三者によるこの架空の問答の特徴は、互いが互いの言葉に耳を傾け、無闇(むやみ)に反発せず、相手の話の核心を捉えながら次の展開を促して、結論を焦らないことである。

 しかしそこには、三つ以上の声を集める配役と司会を担う存在が必要になる。座談会を看板企画に仕立て上げた『文藝春秋』の創刊者菊池寛は、その草分けのひとりだ。参加者を巧みに組み合わせ、殺伐とした空気にならないよう、また専門知識のない読者でも理解できる言葉を念頭に置きながら、菊池は一九二七年三月号の、芥川龍之介、山本有三をまじえた「徳富蘇峰氏座談会」を皮切りに、長谷川如是閑(にょぜかん)、幸田露伴、里見弴らを登用した印象深い出会いの場を提供し続けた。一方通行や質疑応答に終わらない往還のある言葉が、単発の論文からは生まれることのない豊かな思考のうねりを導く。馴(な)れ合いとは別種の、緊張感に満ちた相互信頼がそこにはあった。

 ただし、事前のシナリオなしで進んで行くこの自由な空気は、戦中の抑圧と相容(あいい)れなかった。長谷川如是閑の、時流におもねらず「本来の意味での中立を保つ」姿勢と、それをわずかな言葉で支持しつつ話を進める菊池の司会。戦中戦後は、話し手の見極めと確保が難しくなって企画そのものが減っていくのだが、その推移から逆に、座談会になにが必要であったかを炙(あぶ)り出す著者の筆もまた、「本来の意味での中立」をうまく保っている。

 他に召還されるのは、「批判者に対してふくらみのある関係性」を失わなかった桑原武夫。民俗学と民族学の、それぞれの立場で「対峙(たいじ)」しつつ、その前提として双方の信頼に基づく言葉の応酬を重ねていた柳田国男と石田英一郎。後の時代から見て不利になるような発言もけっして否定せず、その意味を考え続けた中野重治。自分の発言を歪(ゆが)めて外に伝えたりしない人物を選んだうえで心を開いた丸山眞男。対立する立場にある者でも、筋が通っていれば評価し、自説の修正も厭(いと)わなかった竹内好。いずれも厳しい時代に節を曲げず、相手をおとしめることを目的としない座談によって世界を広げてきた人々である。

 彼らの思考の柱は、戦争体験にある。では戦争を知らない世代にこの誠実さや相互信頼は受け継がれているのかとの著者の自問は切実だが、不誠実さと相互不信ばかりが目立つこの時代にこそ、過去の優れた座談の教えを学ぶべきでないだろうか。
    --「今週の本棚:堀江敏幸・評 『座談の思想』=鶴見太郎・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。

-----

[http://mainichi.jp/shimen/news/20140202ddm015070013000c.html:title]

Resize0137

座談の思想 (新潮選書)
鶴見 太郎
新潮社
売り上げランキング: 9,368


|

« 書評:トーマス・D・シーリー(片岡夏実訳)『ミツバチの会議 なぜ常に最良の意思決定ができるのか』築地書館、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:加藤陽子・評 『濱口雄幸伝 上・下』=今井清一・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

Ridiculous story there. What occurred after? Take care!

投稿: Fake Oakleys | 2014年2月 6日 (木) 20時47分

Its such as you learn my thoughts! You appear to understand so much about this, like you wrote the e book in it or something. I feel that you simply could do with some p.c. to force the message house a bit, however other than that, this is excellent blog. A great read. I'll definitely be back.

投稿: Fake Oakleys | 2014年2月10日 (月) 20時09分

oakley radar path polarized black iridium My partner and i realized that Grandpa loved blossoms which are constantly blossom; they stored a complete mattress involving roses in their yard. Fake Oakleys My own career is to decide on what sort of evening I am going to get. Never shun an opportunity to make use of the toilet.

Oakley Radar Plasma They ended up being annoyed regarding a lot of things going on among each of our loved ones and actually desired to confide inside me regarding it. Oakley Sunglasses Cheap the small child acquired developed and he will no longer played out around the shrub everyday. There are all kinds of butterfly pieces going all over the place.

red berry oakley sunglasses youth and so the boy reduce every one of the limbs in the sapling and remaining contentedly. Cheap Oakley Sunglasses Out of the blue I needed to see him or her, speak to your pet, notice his or her words. Greater he or she contributed his frustrations along with attained to us, the harder I sensed I could mix the fishing line and also tell him generate an income actually experienced.

投稿: Kettydex | 2014年2月11日 (火) 04時51分

In addition, take the features you would like to file in your website. The next step is to select a website layout and planning how to line up
shanghai massage http://www.ecmgstar.com/shanghaiescort/shanghaiescort.html

投稿: shanghai massage | 2014年2月20日 (木) 14時21分

In summation, make up one's mind the features you would like to include in your website. The next speed up is to judge a website layout and planning how to determine

投稿: beijing escort | 2014年2月20日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54835691

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『座談の思想』=鶴見太郎・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。:

« 書評:トーマス・D・シーリー(片岡夏実訳)『ミツバチの会議 なぜ常に最良の意思決定ができるのか』築地書館、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:加藤陽子・評 『濱口雄幸伝 上・下』=今井清一・著」、『毎日新聞』2014年02月02日(日)付。 »