« 日記:雪の進軍氷を踏んで | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『人文地理学事典』=人文地理学会・編」、『毎日新聞』2014年02月09日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『社会契約論--ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』=重田園江・著」、『毎日新聞』2014年02月09日(日)付。


401_2


-----

今週の本棚・新刊:『社会契約論--ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』=重田園江・著
毎日新聞 2014年02月09日 東京朝刊

 (ちくま新書・945円)

 「社会契約」という言葉に初めて接したのは、社会科の教科書の中だったろうか。十代の女の子には、およそリアリティを持たない言葉だった。その語が、くり返し脳裏をよぎるようになったのは、つい最近のことだ。きっとそれは、社会契約そのものが、強風にさらされたロウソクの火のようになっているからだと思う。

 どんな地方都市に行っても、多少の大きさの街であれば、コンビニや居酒屋で、ぎこちない日本語の外国人アルバイトに出会うようになった。私たちの暮らしには、「外部」が、ものすごい勢いで入ってきている。「グローバル化」って、そんなに生易しいもんじゃない。「私たち」って誰?という質問を、日々突きつけられている気がする。「ここにいる人々」が自明だった時代と違い、これからは、「私たち」であることのルールを意識的に可視化していかなければならない気がする。

 社会契約について、ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズが考えたことを、その人となりを含めて、重田園江さんが、少しだけやさしく語ってくれた。ホッブズが「大声健康法」の実践家だったと知るのは、ちょっと嬉(うれ)しい。(市)
    --「今週の本棚・新刊:『社会契約論--ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』=重田園江・著」、『毎日新聞』2014年02月09日(日)付。

-----

[http://mainichi.jp/shimen/news/20140209ddm015070148000c.html:title]

Resize0179

|

« 日記:雪の進軍氷を踏んで | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『人文地理学事典』=人文地理学会・編」、『毎日新聞』2014年02月09日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54929860

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『社会契約論--ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ』=重田園江・著」、『毎日新聞』2014年02月09日(日)付。:

« 日記:雪の進軍氷を踏んで | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『人文地理学事典』=人文地理学会・編」、『毎日新聞』2014年02月09日(日)付。 »