« 覚え書:「発信箱:感涙スイッチ=小国綾子」、『毎日新聞』2014年02月18日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:渡良瀬 佐伯 一麦 著」、『東京新聞』2014年02月16日(日)付。 »

覚え書:「書評:遊動論 柳田国男と山人 柄谷 行人 著」、『東京新聞』2014年02月16日(日)付。

301_2


-----

遊動論 柳田国男と山人 柄谷 行人 著

2014年2月16日


◆山人に見いだす「社会主義」
[評者]安藤礼二=多摩美術大准教授
 民俗学という学問を独力で創り上げてしまった柳田国男について、現在ではこう述べられることが多い。柳田は初期に研究しようとしていた比較民俗学的な「山人(やまびと)」研究から、一国民俗学的な「常民」研究に転向した。その点に柳田の限界が存在している。柄谷行人は、そうした通説を徹底的に斥(しりぞ)ける。柳田が一国民俗学を提唱したのは日本がアジアに進出した戦争期であり、一国民俗学は植民地主義への抵抗の原理として存在していた。
 柳田は生涯「山人」という理念を手放すこともなかった。「山人」を普遍的な観点から反省し、「常民」という新たな理念として総合したのだ。現実の「山人」たちが生活を営んでいる山奥深い村に、柳田は「別の社会、別の生き方」の可能性を見出(みいだ)した。「山人」はロマン派的かつ文学的な幻想ではなく、「稲作農耕民以前の狩猟採集民」の生活形態を捨てず、集団としての「遊動性・ユートピア性」を維持し続けている人々のことを意味していた。
 人々の自治と相互扶助、つまり協同組合あるいは「協同自助」の問題こそ、民俗学以前から一貫して柳田が追求していた問題である。柳田は「山人」の中に、「国家と資本」の原理を超える、来るべき新たな時代の「社会主義」の原理を発見したのである。その原理は、人間の古層に存在するとともに、人間に未来を拓(ひら)くものでもある。
 私は本書で主張された見解のすべてに同意することはできない。折口信夫の学についての理解は充分(じゅうぶん)ではないと思うし、原初の遊動性にまで遡(さかのぼ)る「固有信仰」についても、柳田の祖霊論だけでは十全に論じきることはできないのではないかと考えている。
 しかしながら、「山人」を柳田国男の可能性の中心として読み解くことによって、この小さな書物から、解釈と実践の新たな運動が始まることもまた疑い得ない。狭い学問分野を解体し、歴史と哲学が一つに結ばれ合う新たな表現が生まれ出てくることも、また。
(文春新書・840円)
 からたに・こうじん 1941年生まれ。哲学者。著書『世界史の構造』など。
◆もう1冊 
 赤坂憲雄著『東北学/忘れられた東北』(講談社学術文庫)。稲作以前の縄文文化の色濃く残る東北から柳田民俗学の欠落を埋める論集。
    --「書評:遊動論 柳田国男と山人 柄谷 行人 著」、『東京新聞』2014年02月16日(日)付。

-----


[http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2014021602000160.html:title]

Resize0242


遊動論 柳田国男と山人 (文春新書)
柄谷 行人
文藝春秋
売り上げランキング: 963

*p4*[覚え書]覚え書:「発信箱:感涙スイッチ=小国綾子」、『毎日新聞』2014年02月18日(火)付。

401_2

-----

発信箱:感涙スイッチ=小国綾子
毎日新聞 2014年02月18日

 「全ろうの作曲家」とされる佐村河内守さん(50)の騒動に「感涙スイッチ」の話を思い出した。「何かの刺激で思い出が走馬灯のように巡ると感涙スイッチが入り、人は泣かずにいられない」という珍説。私自身、息子の保育園の卒園式で体感した。子供たちの歌った曲「さよならぼくたちのほいくえん」の「何度笑って何度泣いて何度風邪をひいて」という歌詞を耳にした途端、子育てをめぐる「思い出の走馬灯」が暴走し、涙があふれ出したのだ。見事術中にはまった気恥ずかしさの一方で、我が子の成長を素直に泣かせてくれる歌に感謝した。

 佐村河内さんの音楽を熱心に聴いたことはない。でも「分かりやすい感動」が好まれる時代に、曲のイメージが書かれた「指示書」に基づき、優秀な作曲家がてらいなく感涙スイッチを仕込み、丁寧に仕上げた音楽ならば、「現代のベートーベン」という偽りの物語の力を借りて多くの人の心を揺さぶったのは、そう不思議ではない気がする。

 文章にも感涙スイッチはある。記者稼業も長くなると「こう書けば読者は感動する」と見えてくる。それが嫌で、あえてその表現を避ける。「悲しみを越えて」や「限りない優しさ」などと安易に書くまい。「泣ける話」も嫌い。東日本大震災後、特にそんな思いが強まり、悩むことが増えた。一人一人の悲しみの形を手あかの付いた言葉に押し込めてはいけない気がして。

 感涙スイッチを押され、カタルシスを得るのは心地よいけれど、自分が文章を書く時は他人のそれを安易に押すまいと思う。拙くとも自分の言葉で書きたい。彼がうそにすがってまで得たかったのは何だったのだろう。(夕刊編集部)
    --「発信箱:感涙スイッチ=小国綾子」、『毎日新聞』2014年02月18日(火)付。

-----

[http://mainichi.jp/opinion/news/20140218k0000m070152000c.html:title]

42


Resize0243

|

« 覚え書:「発信箱:感涙スイッチ=小国綾子」、『毎日新聞』2014年02月18日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:渡良瀬 佐伯 一麦 著」、『東京新聞』2014年02月16日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55061449

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:遊動論 柳田国男と山人 柄谷 行人 著」、『東京新聞』2014年02月16日(日)付。:

« 覚え書:「発信箱:感涙スイッチ=小国綾子」、『毎日新聞』2014年02月18日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:渡良瀬 佐伯 一麦 著」、『東京新聞』2014年02月16日(日)付。 »