« 覚え書:「映画『福島 六ヶ所 未来への伝言』の島田監督に聞く 原発社会の『入り口』と『出口』描く」、『聖教新聞』2014年02月18日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「科学VS.キリスト教―世界史の転換 [著]岡崎勝世 [評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。 »

覚え書:「平和を考えるための100冊+α [編]日本平和学会」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。


401

-----

平和を考えるための100冊+α [編]日本平和学会
[掲載]2014年02月16日   [ジャンル]人文 社会 

 隣国との関係がこじれ、集団的自衛権や憲法改正の議論が続く今、「過去の経験を共有する」足場をつくろう、というブックガイド。日本平和学会の創立40年を機に、様々な分野の研究者85人が書いた。
 カントやアーレント、ガルトゥングを始め、大岡昇平、大江健三郎、小田実、坂本義和、鶴見良行らの作品を今の視点で読み直した。イリッチ『エネルギーと公正』のように新たな意味が生じた本もある。「政治的リアリズム」による平和を追求したモーゲンソー『国際政治』の篠田英朗評と、文明による災禍の中で「小さな命の鼓動に耳を傾ける」と書く栗原彬のコラム「『3.11』を考える」からは、平和研究の幅が感じられる。
    ◇
 法律文化社・2100円
    --「平和を考えるための100冊+α [編]日本平和学会」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。

-----

[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014021600008.html:title]

Resize0269


平和を考えるための100冊+α

法律文化社
売り上げランキング: 57,734

|

« 覚え書:「映画『福島 六ヶ所 未来への伝言』の島田監督に聞く 原発社会の『入り口』と『出口』描く」、『聖教新聞』2014年02月18日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「科学VS.キリスト教―世界史の転換 [著]岡崎勝世 [評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55109222

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「平和を考えるための100冊+α [編]日本平和学会」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。:

« 覚え書:「映画『福島 六ヶ所 未来への伝言』の島田監督に聞く 原発社会の『入り口』と『出口』描く」、『聖教新聞』2014年02月18日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「科学VS.キリスト教―世界史の転換 [著]岡崎勝世 [評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。 »