« 書評:東京新聞社会部編『憲法と、生きる』岩波書店、2013年。 | トップページ | 覚え書:「日本インテリアデザイン史 [著]鈴木紀慶・今村創平 [評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 消費増税、国民を納得させよ」、『毎日新聞』2014年02月19日(水)付。


501

-----

みんなの広場
消費増税、国民を納得させよ
中学生・14(東京都杉並区)

 決まっていることとはいえ、4月から始まる消費税増税に反対です。なぜなら、今よりも物の値段が上がることで、貧しい人や貯金などで暮らすお年寄りの負担が増すからです。ただし、その税金を有効に使うのであれば賛成です。

 スウェーデンは、消費税25%という高税率ですが、教育費や医療費がほぼ無料なので、老後の心配が少ないのです。さらに全ての物に25%ではなく、食料品など生活に必要なものの税率を低くして、貧しい人の負担が少なくなるように工夫もされています。

 このように、きちんと税金をかけ、国民のために使ってほしいと思います。しかし、日本は今のところ具体的な使い方が示されていないのです。4月に8%、さらに今後も10%に引き上げる予定だといいます。

 上げる理由や具体的に何に使うかを説明して、国民を納得させた上で、税金を上げてほしいです。
    --「みんなの広場 消費増税、国民を納得させよ」、『毎日新聞』2014年02月19日(水)付。

-----

51
Resize0258

|

« 書評:東京新聞社会部編『憲法と、生きる』岩波書店、2013年。 | トップページ | 覚え書:「日本インテリアデザイン史 [著]鈴木紀慶・今村創平 [評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55096241

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 消費増税、国民を納得させよ」、『毎日新聞』2014年02月19日(水)付。:

« 書評:東京新聞社会部編『憲法と、生きる』岩波書店、2013年。 | トップページ | 覚え書:「日本インテリアデザイン史 [著]鈴木紀慶・今村創平 [評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)」、『朝日新聞』2014年02月16日(日)付。 »