« 覚え書:「科学をいまどう語るか―啓蒙から批評へ [著]尾関章」、『朝日新聞』2014年02月23日(日)付。 | トップページ | 書評:加藤哲郎『日本の社会主義 原爆反対・原発推進の論理』岩波書店、2013年。 »

覚え書:「暮らしのなかの植物 [著]斎藤たま [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2014年02月23日(日)付。

201

-----

暮らしのなかの植物 [著]斎藤たま
[評者]出久根達郎(作家)  [掲載]2014年02月23日   [ジャンル]文芸 

■昔のガキ大将の代役を果たす書

 昔は「ガキ大将」というものが子どもの世界で牛耳を執っていて、年下の者に遊びのルールだけでなく、生活の知恵まで伝授していた。たとえば、有毒植物の存在。シキミやヒマの実は猛毒であること。青梅はかじるな。ジャガ芋の芽は毒。
 いなかでは大抵の家の庭に、アセビの木があった。毒の木、とガキ大将に教えられた。便所にこの枝葉が沈められていた。本書によれば、ウシコロシの別名がある。ウシのシラミを退治したからである。ウシはウジの意でもあったようだ。庭木や草花は、それぞれ用途があって植えられていた。生活が近代化すると共に、本来の役割は忘れられていった。ガキ大将の伝承も絶えた。本書はいわば昔のガキ大将の代役を果たしている。一本の草や木が、日本各地でこんな風に有効に用いられていた、という記録は、父祖の暮らしの証言であって、現代人が知っておいて損はない。植物に頼らざるを得ない世がこないとも限らぬ。
    ◇
 論創社・3150円
    --「暮らしのなかの植物 [著]斎藤たま [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2014年02月23日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014022300013.html:title]

Resize0348


暮らしのなかの植物
暮らしのなかの植物
posted with amazlet at 14.03.02
斎藤 たま
論創社
売り上げランキング: 42,389

|

« 覚え書:「科学をいまどう語るか―啓蒙から批評へ [著]尾関章」、『朝日新聞』2014年02月23日(日)付。 | トップページ | 書評:加藤哲郎『日本の社会主義 原爆反対・原発推進の論理』岩波書店、2013年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55202442

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「暮らしのなかの植物 [著]斎藤たま [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2014年02月23日(日)付。:

« 覚え書:「科学をいまどう語るか―啓蒙から批評へ [著]尾関章」、『朝日新聞』2014年02月23日(日)付。 | トップページ | 書評:加藤哲郎『日本の社会主義 原爆反対・原発推進の論理』岩波書店、2013年。 »