« 書評:柳博雄『私もパーキンソン病患者です。』三五館、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:無形民俗文化財が被災するということ 高倉 浩樹・滝澤 克彦 編」、『東京新聞』2014年03月02日(日)付。 »

覚え書:「書評:美術は地域をひらく 北川 フラム 著」、『東京新聞』2014年03月02日(日)付。


401_4

-----

美術は地域をひらく 北川 フラム 著

2014年3月2日

◆芸術祭に希望を託す
[評者]藤田一人=美術評論家
 芸術とは広く社会に開かれ、あらゆる人々が享受し、育んでいくべきもの。それは戦後民主主義の一つの理想と言っていいだろう。本書は近年盛んな芸術による村おこし、街おこしのパイオニアである著者が、その皮切りとなった「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に懸けた思いと試行錯誤の十数年の活動を纏(まと)め、今後の展望を示す。そこには戦後日本の民主的芸術の理想が脈打つ。
 ただ、そうした芸術運動は戦後様々(さまざま)に試みられては挫折を繰り返してきた。そんななか著者の試みが成果をあげたのは、全共闘世代である自身の学生運動の反省があるという。当時の左翼運動は都市的価値観に基づき、それが地方集落の共同体的価値観の否定になった。単に上からの合理的な論理ではひとは動かない。大切なのは、各々(おのおの)の土地に根差す文化や生活に寄り添うことなのだ、と。特に限界集落という先の希望が見えない地域では尚更(なおさら)だ。そこで芸術の果たすべき役割とは、ほんのひと時でもそこで暮らすお年寄りを笑顔にすること。そのために、芸術祭を催して都会の息子や孫が帰ってくるキッカケにするというわけだ。
 するとそこには従来の成長志向ではなく、むしろ衰退する集落をしっかりと看取(みと)るという、人間と人間社会の“最期”への尊厳が喚起される。成熟した民主的芸術とは、そういうものであってほしい。
 (現代企画室・2625円)
 きたがわ・ふらむ 1946年生まれ。アートディレクター。
◆もう1冊 
 熊倉純子監修『アートプロジェクト』(水曜社)。野外やまちなかでの展示・芸術祭から、アートと社会を考える。
    --「書評:美術は地域をひらく 北川 フラム 著」、『東京新聞』2014年03月02日(日)付。

-----


[http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2014030202000179.html:title]

Resize0371


|

« 書評:柳博雄『私もパーキンソン病患者です。』三五館、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:無形民俗文化財が被災するということ 高倉 浩樹・滝澤 克彦 編」、『東京新聞』2014年03月02日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55208545

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:美術は地域をひらく 北川 フラム 著」、『東京新聞』2014年03月02日(日)付。:

« 書評:柳博雄『私もパーキンソン病患者です。』三五館、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:無形民俗文化財が被災するということ 高倉 浩樹・滝澤 克彦 編」、『東京新聞』2014年03月02日(日)付。 »