« 覚え書:「発言:海外から 歴史は地名と共に=ユルゲン・ウドルフ」、『毎日新聞』2014年03月05日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「ニクソンとキッシンジャー―現実主義外交とは何か [著]大嶽秀夫 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 »

覚え書:「美術は地域をひらく―大地の芸術祭10の思想 [著]北川フラム」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。


401_3


-----

美術は地域をひらく―大地の芸術祭10の思想 [著]北川フラム
[掲載]2014年03月02日   [ジャンル]アート・ファッション・芸能

 著者は、新潟県南部、昔の妻有郷などで開かれてきた「大地の芸術祭」を手がける美術ディレクター。最初は役所からも住民からも「現代美術なんか」という反発が強かった。それが人と人がぶつかり、作品が形になることで変わる。完成が危うかった古郡弘の土塀アートは地元民総出で手伝った。「50日だけ」で許可を得た國安孝昌の〈竜神〉は長く残すべく住民が作り直した。やがて芸術祭は多くの観客を集める越後名物となる。アートと風土が織りなす世界は激しく美しい。時にニヤリと笑える。と同時に、喪失感も覚える。高齢化と衰退に悩む山村が、あるがままの姿で輝いていた時もあった。あの日はどこへいってしまったのか、と。
    ◇
 現代企画室・2625円
    --「美術は地域をひらく―大地の芸術祭10の思想 [著]北川フラム」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。

-----

[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014030200006.html:title]

Resize0391


美術は地域をひらく: 大地の芸術祭10の思想  Echigo-Tsumari Art Triennale Concept Book
北川 フラム
現代企画室
売り上げランキング: 64,007


|

« 覚え書:「発言:海外から 歴史は地名と共に=ユルゲン・ウドルフ」、『毎日新聞』2014年03月05日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「ニクソンとキッシンジャー―現実主義外交とは何か [著]大嶽秀夫 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55251286

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「美術は地域をひらく―大地の芸術祭10の思想 [著]北川フラム」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。:

« 覚え書:「発言:海外から 歴史は地名と共に=ユルゲン・ウドルフ」、『毎日新聞』2014年03月05日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「ニクソンとキッシンジャー―現実主義外交とは何か [著]大嶽秀夫 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 »