« 覚え書:「美術は地域をひらく―大地の芸術祭10の思想 [著]北川フラム」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「父 吉田健一 [著]吉田暁子 [評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 »

覚え書:「ニクソンとキッシンジャー―現実主義外交とは何か [著]大嶽秀夫 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。

301_3


-----

ニクソンとキッシンジャー―現実主義外交とは何か [著]大嶽秀夫
[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)  [掲載]2014年03月02日   [ジャンル]ノンフィクション・評伝 国際 

■仔細な分析で指導者像問い直す

 ニクソンとキッシンジャーが、アメリカ政治を動かしたのは1969年から74年までの5年半ほどである。この間に、デタント政策を成功させ、米中和解を進め、ベトナム戦争終結と多くの外交的成果を上げた。大統領と大統領補佐官という、このコンビはアメリカ政治を「世界のリーダー」の座に強固に位置づけた。
 ニクソンには反共政治家、扇動家、さらに野心家といった評が、キッシンジャーには狡猾(こうかつ)な謀略家、味方をも裏切る非情さといった評があるのだが、著者はそうした一般的なイメージをふたりの外交戦略を仔細(しさい)に分析することで覆していく。ニクソンのポピュリズムを六つの手法で明かし、「敵の存在が不可欠」として既存の政治エリートを指摘する点など興味深い。キッシンジャーは毛沢東、周恩来などと哲学を語り合い、そのことで、北京訪問以来、国内の高学歴層、上層中産階層に「絶大な人気」を得たと見る。
 改めて指導者像を問い直す著者の筆は説得力を持つ。
    ◇
 中公新書・840円
    --「ニクソンとキッシンジャー―現実主義外交とは何か [著]大嶽秀夫 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014030300003.html:title]

Resize0390


ニクソンとキッシンジャー - 現実主義外交とは何か (中公新書)
大嶽 秀夫
中央公論新社
売り上げランキング: 10,643

|

« 覚え書:「美術は地域をひらく―大地の芸術祭10の思想 [著]北川フラム」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「父 吉田健一 [著]吉田暁子 [評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55251293

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「ニクソンとキッシンジャー―現実主義外交とは何か [著]大嶽秀夫 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。:

« 覚え書:「美術は地域をひらく―大地の芸術祭10の思想 [著]北川フラム」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「父 吉田健一 [著]吉田暁子 [評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)」、『朝日新聞』2014年03月02日(日)付。 »