« 覚え書:「貧者の教会」(上)(中)(下)、『毎日新聞』2014年03月20日(木)~22日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:歌よみ人 正岡子規 病ひに死なじ歌に死ぬとも 復本 一郎 著」、『東京新聞』2014年03月23日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 人種差別を許さない意識を」、『毎日新聞』2014年03月24日(月)付。


6


-----

みんなの広場
人種差別を許さない意識を
大学生・21(東京都国立市)

 先日、友人と浦和レッズの無観客試合について話をした。友人は「海外にはフーリガンと呼ばれる暴力的で過激なサポーターもいる。それに比べれば、今回の横断幕は大したことはないのでは」という意見だった。そうではないと思う。言葉による人種差別もれっきとした暴力である。
 イギリスに留学していた時、人種や出身地で人を差別したり、侮蔑的な発言をしたりすると処罰される法律があると聞いた。実際に留学中の昨年1月、韓国人のサッカー選手に人種差別発言をした英国人サッカーファンが有罪判決を受けるという事件があった。
 欧州ではナチスのユダヤ人迫害の歴史の教訓から、ドイツ以外の国でも人種差別に対する目が厳しいようだ。今回のような横断幕を公の場で堂々と掲げるなど、欧州では考えられない。言葉や発言による差別も、大きな衝撃となって人を深く傷つけることを相手の立場になって考えてほしい。日本でも人種差別を許さない意識が広がればと思う。
    --「みんなの広場 人種差別を許さない意識を」、『毎日新聞』2014年03月24日(月)付。

-----

62
Resize0568


|

« 覚え書:「貧者の教会」(上)(中)(下)、『毎日新聞』2014年03月20日(木)~22日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:歌よみ人 正岡子規 病ひに死なじ歌に死ぬとも 復本 一郎 著」、『東京新聞』2014年03月23日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55529994

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 人種差別を許さない意識を」、『毎日新聞』2014年03月24日(月)付。:

« 覚え書:「貧者の教会」(上)(中)(下)、『毎日新聞』2014年03月20日(木)~22日(土)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:歌よみ人 正岡子規 病ひに死なじ歌に死ぬとも 復本 一郎 著」、『東京新聞』2014年03月23日(日)付。 »