« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 家族のあり方 政治が左右=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年03月26日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「論点:道徳の教科化」、『毎日新聞』2014年03月28日(金)付。 »

覚え書:「(声)人権意識希薄すぎる入国管理局」、『朝日新聞』2014年03月28日(金)付。

Photo_7


-----

(声)人権意識希薄すぎる入国管理局
2014年3月28日

フリーライター(東京都 65)

 「入管職員の違法な制圧行為による窒息死だった」

 4年前、日本での在留期限が切れたガーナ人男性が成田空港から強制送還される際に急死した事件をめぐって、東京地裁は、そう事実認定した。2020年に開催される東京五輪で、多くの外国人を迎える日本にとって衝撃的な事件であり判決だ。法務省・入国管理局はもとより、日本全体がこの事件を猛省し対応を改めない限り、五輪を開催する資格はないのではないかと思う。

 報道などによると、男性は手足に手錠をされタオルで口を猿ぐつわのようにふさがれて座席で前かがみに押さえられていた。両手首もプラスチック製の結束バンドでズボンのベルトに固定されていた。人間扱いしない残虐な行為というほかなく人権感覚を疑わざるを得ない。
    --「(声)人権意識希薄すぎる入国管理局」、『朝日新聞』2014年03月28日(金)付。

-----
 


602

Resize0626

|

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 家族のあり方 政治が左右=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年03月26日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「論点:道徳の教科化」、『毎日新聞』2014年03月28日(金)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55578068

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「(声)人権意識希薄すぎる入国管理局」、『朝日新聞』2014年03月28日(金)付。:

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 家族のあり方 政治が左右=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年03月26日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「論点:道徳の教科化」、『毎日新聞』2014年03月28日(金)付。 »