« 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『脱「成長」戦略-新しい福祉国家へ』=橘木俊詔・広井良典著」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・本と人:『カノン』 著者・中原清一郎さん」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚:養老孟司・評 『天地人-三才の世界』=尾池和夫・竹本修三編著」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。

3_2


-----

今週の本棚:養老孟司・評 『天地人-三才の世界』=尾池和夫・竹本修三編著
毎日新聞 2014年03月30日 東京朝刊

 (マニュアルハウス・5000円+税)

 ◇宇宙と地球の常識を自ら考えるための講演集

 ふつうの小説本より判型が一回り大きい。持ったら重い。開いたら活字がぎっしり、しかも横書き、五百頁(ページ)あまり。活字離れといわれて久しいこの世の中で、いまどきこんな本、だれが読むんだ。

 とりあえずそう思って、たまたま時差ボケの頭で読みだしたら、いつの間にか釣り込まれた。途中でいったん寝たけど、二日で読んでしまった。ああ、面白かった。

 表題がまず凝っている。「天地人」なら、NHK大河ドラマの解説じゃないか。そう思って副題を見ると「三才の世界」。ハテ、幼児教育本か。そうではなくて『和漢三才図会(ずえ)』の三才。もっといえば『易経(えききょう)』でさらには『孟子』。宇宙物理学の佐藤文隆が最後にそういう解説を書いている。さすがに京都人は学がありますなあ。私は根っからの関東人、我が家に近いお寺は太田道灌の屋敷跡。いまごろ山吹の花が出てきたって、遅すぎるわ。

 天は天文学、地は地球物理学、その二つの分野の専門家たちが、人つまり人文系の、いうなればなにもわからない人たちに、自分の専門分野をわかるように説明する。そういう趣旨の会合が七回、国際高等研究所などで開かれた、その記録である。もちろん人文系の人も逆に自分の分野から話をする。十人いるが、その中で京大教授の金文京、漫画家で四月から京都精華大学学長の竹宮惠子、冷泉家の冷泉貴実子などが話している。

 二〇〇九年から一二年までかかっているので、途中で東北の大震災があった。編者の一人である尾池和夫は元京大総長、当時の国際高等研究所長、地震学者だから、東北地方太平洋沖地震について時宜を得た話をしている。地震と震災は違う。震度とマグニチュードは違う。そういうところから話してくれるから、たしかに素人向きである。次の南海地震は二〇三八年。ちゃんとそう書いてある。まあ、そのあたりと思っておけば間違いないということか。私は十分に死んでいないけど。

 編者のもう一人、竹本修三は測地学で、そんな学問があるとは知らない人も多いであろう。最初がその話で、地球の形や大きさ、重力の状態を物理学的に調べる、さらにその時間的変化を調べる。そういう分野である。メートルという単位は地球の大きさから定められた。それを知る人は多いであろう。でもそのためには地球の大きさを正確に測る必要がある。それをしたのがフランスで、世界のあちこちで測定を行った。とくにペルーに行った測量隊は九年かけて、緯度一度の距離を測って帰ってきたという。帰るときに現地の役人に測量杭(くい)は非常に重要なものだから、絶対残しておいてくれと頼んだら、役人はわかったという。安心して帰ったら、役人はその測量杭を引っこ抜いて、鍵のかかる部屋にしまいこんだ。素人はたいていそういう話しか覚えていないので、学者はあまり面白い話をしないのかもしれない。

 以下同様で、というとずいぶん乱暴な紹介になってしまうが、一回に三、四人ずつ話すので総計二十余人、それに各回の討論、質疑応答の記録が付属している。これらも現場の雰囲気を表わして興味深い。

 通読してわかる部分もわからない部分もある。それでいいわけで、全部がわかるはずがない。天文学や地球に関する学問とはどういうものか、それを知り、多少の常識を学び、さらに自分でものを考える面白さを知ればいいと思う。科学音痴を自称する人にもぜひ読んでいただきたい。だれだって宇宙の中の、地球に住んでいるんですからね。 
    --「今週の本棚:養老孟司・評 『天地人-三才の世界』=尾池和夫・竹本修三編著」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。

-----


[http://mainichi.jp/shimen/news/20140330ddm015070018000c.html:title]

Resize0637


天地人 三才の世界 宇宙・地球と人間の関わりの新しいリテラシーの創造
尾池 和夫 竹本 修三 佐藤 文隆 杉山 直 鈴木 洋一郎 坪野 公夫 福島 登志夫 今脇 資郎 入舩 徹男 岡田 弘 鳥海 光弘 本蔵 義守 冷泉 貴実子 竹宮 惠子
マニュアルハウス
売り上げランキング: 1,971

|

« 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『脱「成長」戦略-新しい福祉国家へ』=橘木俊詔・広井良典著」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・本と人:『カノン』 著者・中原清一郎さん」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55579027

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:養老孟司・評 『天地人-三才の世界』=尾池和夫・竹本修三編著」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『脱「成長」戦略-新しい福祉国家へ』=橘木俊詔・広井良典著」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・本と人:『カノン』 著者・中原清一郎さん」、『毎日新聞』2014年03月30日(日)付。 »