« 覚え書:「東日本大震災:震災の記憶、牧師ら絵本に 福島原発に最も近い教会『子どもに伝えたい』」、『毎日新聞』2014年03月29日(土)付(東京夕刊)。 | トップページ | 覚え書:「書評:約束の海 山崎 豊子 著」、『東京新聞』2014年03月30日(日)付。 »

覚え書:「書評:桜は本当に美しいのか 水原 紫苑 著」、『東京新聞』2014年03月30日(日)付。


4


-----

桜は本当に美しいのか 水原 紫苑 著

2014年3月30日

◆人の欲望担わされて
[評者]岸本葉子=エッセイスト
 花見の宴が盛り上がる中、挑戦的なタイトルだ。遠い昔、桜は山に自生していた。稲作の豊凶を告げる木として、人々は敬い畏れた。関係が一変するのは『古今集』。この時期、公の文芸は漢詩だった。初の勅撰(ちょくせん)和歌集を編むからは、漢詩とは別の独立した美の宇宙を創出しなければ。その中心に据えられたのが、もともと呪力を持つ桜であった。
 これより桜は人間の種々の欲望を担わされていく。歌人である著者のこの論考をたどるとき、歌の歴史と桜の運命に読者は立ち合うことになる。
 王朝文学、能、歌舞伎、近現代の短歌…。託された欲望を探り出す著者の文章は、知的で張りがあり鋭い。忠臣蔵の台詞(せりふ)「花は桜木人は武士」を、桜に寄せられた欲望のうちで最悪に近いと述べ、宣長の「敷島のやまと心」の歌を痛烈に批判する。歌論にとどまらぬところへ進んでいくと読者は予感し身が引き締まる。開花に熱狂し、散れば何事もなかったように静まる。その繰り返しには「重層的な論理の構築の余地がない」と著者。
 ポピュラー音楽で桜ソングが激増していることに、危機感を著者は抱く。日本社会が活力を失い格差が拡大する今、共同幻想を桜に見いだそうとしているのか。あくまでも個人をうたうものであってほしい。歌人の願いであり、この国のゆくえを案じる一市民の声である。
 (平凡社新書・903円)
 みずはら・しおん 1959年生まれ。歌人。著書『びあんか・うたうら』など。
◆もう1冊 
 鈴木嘉一著『桜守三代』(平凡社新書)。「桜守」として知られる第十六代佐野藤右衛門が祖父から続く桜行脚を語る。
    --「書評:桜は本当に美しいのか 水原 紫苑 著」、『東京新聞』2014年03月30日(日)付。

-----
 

[http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2014033002000174.html:title]

Resize0668


桜は本当に美しいのか: 欲望が生んだ文化装置 (平凡社新書)
水原 紫苑
平凡社
売り上げランキング: 863


|

« 覚え書:「東日本大震災:震災の記憶、牧師ら絵本に 福島原発に最も近い教会『子どもに伝えたい』」、『毎日新聞』2014年03月29日(土)付(東京夕刊)。 | トップページ | 覚え書:「書評:約束の海 山崎 豊子 著」、『東京新聞』2014年03月30日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55617470

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:桜は本当に美しいのか 水原 紫苑 著」、『東京新聞』2014年03月30日(日)付。:

« 覚え書:「東日本大震災:震災の記憶、牧師ら絵本に 福島原発に最も近い教会『子どもに伝えたい』」、『毎日新聞』2014年03月29日(土)付(東京夕刊)。 | トップページ | 覚え書:「書評:約束の海 山崎 豊子 著」、『東京新聞』2014年03月30日(日)付。 »