« 書評:前田朗編『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか 差別、暴力、脅迫、迫害』三一書房、2013年。 | トップページ | 覚え書:「戦争俳句と俳人たち [著]樽見博 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。 »

覚え書:「著者に会いたい 地震と独身 酒井順子さん [文]大上朝美」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。


5


-----

著者に会いたい
地震と独身 酒井順子さん
[文]大上朝美  [掲載]2014年04月13日


■働き、守り…人生が揺れた

 酒井さんらしい端的な書名だ。東日本大震災後の報道では、「家族」に焦点が当てられがちだったが、独身だっていたはず。何をしていたのだろうか。現地を訪ね、多くの人に話を聞き、月刊連載をした。「たくさんの方に聞いたのも、近い過去のことを書くのも初めてで、ちょっとプレッシャーも」あったそうだが、そこはふだん通りの悠揚迫らぬ「ですます調」で、独身たちの未曽有の経験を受け止める。
 「まず驚いたのは、独身がすごく働いたということ」と言う。戦場のような病院をはじめ非常時の仕事の現場で、独身はよく使われた。「家族持ちが家族を守るべき時に、家族がないから他の人を守れる。独身でよかったという人もいました」
 「働いた」「つないだ」「守った」……と、章立てのさまざまな局面の中に「結婚した」も。「震災婚」という言葉ができたが、「震災離婚」もあり、ことはそう単純にはいかない。自身は「案外、地震によって結婚観は変わりません」と言う。
 Uターン、Iターン、ボランティア、放射線避難など、独身ゆえの身軽さで動いた人たちは多い。更に連載の1年間に、結婚、出産、転職、引っ越し、出家(!)と、取材した独身たちの境遇も大きく変わった。
 「『負け犬の遠吠(とおぼ)え』が都会の独身者なら、こちらは地方の独身者の話になるのかなと思っていたら、出入りが激しくて結局、地震で人生が揺れた人たちの本になりました」
 書いたことで酒井さんもまた、その揺れに連なる一人だ。取材した人はたいてい年下で、「自分がけっこう大人だったことに気づかされた」そうだ。
    ◇
新潮社・1512円
    --「著者に会いたい 地震と独身 酒井順子さん [文]大上朝美」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/column/2014041300011.html:title]

Resize0012


地震と独身
地震と独身
posted with amazlet at 14.04.19
酒井 順子
新潮社
売り上げランキング: 7,927

|

« 書評:前田朗編『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか 差別、暴力、脅迫、迫害』三一書房、2013年。 | トップページ | 覚え書:「戦争俳句と俳人たち [著]樽見博 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/55848375

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「著者に会いたい 地震と独身 酒井順子さん [文]大上朝美」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。:

« 書評:前田朗編『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか 差別、暴力、脅迫、迫害』三一書房、2013年。 | トップページ | 覚え書:「戦争俳句と俳人たち [著]樽見博 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。 »