« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 進取の精神と柔軟さを=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年04月16日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「教授と少女と錬金術師 [著]金城孝祐 [評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 父が恩を受けた一番身近な国」、『毎日新聞』2014年04月16日(水)付。


5_3


-----

みんなの広場
父が恩を受けた一番身近な国
元会社員・69(大阪市都島区)


 90歳で他界した父は軍隊生活で心がすさむ経験をした後、太平洋戦争末期に軍属として朝鮮半島に渡りました。冬には酷寒となる地で病に侵され、今日は生き延びられるだろうかという日々を送っていました。

 そんな様子を見ておられたのか、ある時、1人の朝鮮人女性が片言で「どうぞ食べてください」と衣服の中から温かいおにぎり2個を取り出してくださったそうです。父は驚きながらも無我夢中でいただいたといいます。そして生前、ことあるごとにその女性の優しい瞳は忘れられない、恩がある、と口にしていました。

 私の小学校のクラスメートに「キンさん」がいて、差別を受けていました。「外国に来てつらい思いをしているのだから、親切にしてあげなさい」と父母から常に言われました。彼女と親しくなると、家系のことなどを話してくれました。最近、大ファンになった韓国ドラマを見ていると、彼女を思い出します。一番身近な国と仲良くしてほしいと切に願うばかりです。 
    --「みんなの広場 父が恩を受けた一番身近な国」、『毎日新聞』2014年04月16日(水)付。

-----


52_2

Resize0818

|

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 進取の精神と柔軟さを=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年04月16日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「教授と少女と錬金術師 [著]金城孝祐 [評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。 »

哲学・倫理学(東洋①インド・中国)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 父が恩を受けた一番身近な国」、『毎日新聞』2014年04月16日(水)付。:

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 進取の精神と柔軟さを=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年04月16日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「教授と少女と錬金術師 [著]金城孝祐 [評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)」、『朝日新聞』2014年04月13日(日)付。 »