« 覚え書:「今週の本棚:松原隆一郎・評 『日本の企業統治と雇用制度のゆくえ』=宮本光晴・著」、『毎日新聞』2014年05月04日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:なぜ哲学するのか? ジャン=フランソワ・リオタール 著」、『東京新聞』2014年05月04日(日)付。 »

書評:渋谷秀樹『憲法への招待 新版』岩波新書、2014年。

1_2

渋谷秀樹『憲法への招待 新版』岩波新書、読了。「憲法は私たちが守らなくてはならないものか」「『いじめ』は憲法に反する人権問題なのか」等、24の問いに答える形で、日本国憲法の思想と骨格を平易に解説する「市民のための憲法入門」。憲法を取り巻く風雲急の状況に、大幅に加筆した待望の「新版」。

日本国憲法に通底する精神とは「一人ひとりを個人として尊重することに一番価値を置くことを前提に一貫して組み立てられている」こと。憲法の本質と人類普遍の原理を知らぬまま思い込みで論じる論調が多い中、その本質を浮き彫りにする本書の意義は大きい。

特定秘密保護法の問題は、1)原則公開・例外非公開という政府情報のあり方が原則と例外を逆転させてしまう点、2)特定秘密の内容があいまいで情報が恣意的に特定秘密とされる点、3)報道機関の取材活動を萎縮、4)公務員のプライバシーの侵害、と指摘する。

特定秘密保護法は、知る権利を侵害して民主主義の基盤を掘り崩そうとするだけでなく「国民相互の監視と密告を奨励して息苦しい監視社会を築きあげ、さらに真理を追求する科学的精神を萎縮させようとする毒素を隠し持った法律」あり、時代を巻き戻すもの。

「本書を手に取ることで、憲法の理解が深まり、素人談義ではなく、熟慮に裏付けられた討議(deliberation)が真剣になされることを期待したい」(著者)。憲法に関する議論が過剰と過小に揺れ動く現在、根本原理からその具体的展開を見通す本書は学生に読んでほしい。
 

Resize0996

憲法への招待 新版 (岩波新書)
渋谷 秀樹
岩波書店
売り上げランキング: 4,235


|

« 覚え書:「今週の本棚:松原隆一郎・評 『日本の企業統治と雇用制度のゆくえ』=宮本光晴・著」、『毎日新聞』2014年05月04日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:なぜ哲学するのか? ジャン=フランソワ・リオタール 著」、『東京新聞』2014年05月04日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56076601

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:渋谷秀樹『憲法への招待 新版』岩波新書、2014年。:

« 覚え書:「今週の本棚:松原隆一郎・評 『日本の企業統治と雇用制度のゆくえ』=宮本光晴・著」、『毎日新聞』2014年05月04日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:なぜ哲学するのか? ジャン=フランソワ・リオタール 著」、『東京新聞』2014年05月04日(日)付。 »