« 覚え書:言説としての差別放置識人 | トップページ | 覚え書:「書評:小さな異邦人 連城 三紀彦 著」、『東京新聞』2014年04月27日(日)付。 »

覚え書:「書評:【極私的】60年代追憶 太田 昌国 著」、『東京新聞』2014年04月27日(日)付。

5


-----

【極私的】60年代追憶 太田 昌国 著

2014年4月27日


◆思想が熱かった時代
[評者]三上治=評論家
 東京オリンピックを真ん中に、六○年安保闘争で幕が開き、終局には全共闘運動があった十年間。新幹線が開通し、経済は高度成長に入り、人々の生活はそれ以前と大きく変わった。後代からも輝ける一九六○年代ともいわれるその時代に青春期を送った著者による追憶=再考が本書の骨格である。六○年代が著者に色濃く記憶されるのは、時代を彩った世界史的な精神=思想の深さと広がりだ。それは政治や文化の多様な展開を根底で支えたものだった。書名の「極私的」も、思えば六○年代を象徴する言葉だ。
 一方、現在は六○年代の時代相とは大きく断絶している。時代精神の行方や輪郭が定かでなくなっているからだ。ベトナム体験のこと、北朝鮮の拉致問題や赤軍派のこと、内ゲバ事件での死、さらに六○年代に活躍した清水幾太郎や吉本隆明の思想的なその後の追求にも、再考や反省がなされるが、こういう往還する時代の記憶や認識作業には共感したい。
 六○年代に人々を熱くした思想とは何であったか。それは米ソ体制(世界)と近代西欧(時代)を共に超え、未来に出ようとした思想であった。しかしその精神的存続は困難であって、それが現在の閉塞感(へいそくかん)とも関係している。どうしてだろう? その問いを繰り返し、現代と重ねながら著者は精神のリレーを託してゆく。そんな六○年代に出会う格好の本だ。
(インパクト出版会・2160円)
 おおた・まさくに 1943年生まれ。評論家・編集者。著書『暴力批判論』など。
◆もう1冊 
 熊切圭介著『繁栄と変革』(展望社)。人々のライフスタイルが大きく転換した六○年代の光と影を撮った写真集。
    --「書評:【極私的】60年代追憶 太田 昌国 著」、『東京新聞』2014年04月27日(日)付。

-----

[http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2014042702000177.html:title]

Resize0949


極私的60年代追憶―精神のリレーのために
太田 昌国
インパクト出版会
売り上げランキング: 104,659


|

« 覚え書:言説としての差別放置識人 | トップページ | 覚え書:「書評:小さな異邦人 連城 三紀彦 著」、『東京新聞』2014年04月27日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56033486

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:【極私的】60年代追憶 太田 昌国 著」、『東京新聞』2014年04月27日(日)付。:

« 覚え書:言説としての差別放置識人 | トップページ | 覚え書:「書評:小さな異邦人 連城 三紀彦 著」、『東京新聞』2014年04月27日(日)付。 »