« 覚え書:「徹底討議―日本のエネルギー・環境戦略 [編著]柳下正治」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「「アイドル」の読み方―混乱する「語り」を問う [著]香月孝史 [評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。 »

覚え書:「おじさんの哲学 [著]永江朗 [評者]角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。


3_3


-----

おじさんの哲学 [著]永江朗
[評者]角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)  [掲載]2014年05月11日   [ジャンル]文芸 

■肩の力を抜いた言葉に説得力

 本書でいうおじさんはいわゆるオッサンではなく、父母の兄弟のおじさんのこと。おじさんは父親とちがって自由な風を運んでくれる存在だと誰かから聞いたことがあるが、本書は様々な著述家の言動や考え方を紹介し、そこからおじさん的なものを読み取る作家論、おじさん論である。
 常識にとらわれず、本流からも外れ、本業が何かすらよく分からないくせに、その言葉に妙な説得力があるのがおじさんの魅力。でもおじさんだって自分の家では常識的なお父さんとして振る舞っているはずだから、たぶん他人の家に来て、少しいい加減になっているぐらいが人間ちょうどいいのかもしれない。
 本書で紹介された著述家たちはどこか肩の力が抜けていて、声高に正論を述べることに野暮ったさを感じている雰囲気があり、そこがおじさんっぽい。そう、つまりこれはかっこいい男論でもあるのだ。読んでいてこんな大人になりたいと思う、おじさんっぽい本である。
    ◇
 原書房・1944円 
    --「おじさんの哲学 [著]永江朗 [評者]角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014051100012.html:title]

Resize1094


おじさんの哲学
おじさんの哲学
posted with amazlet at 14.05.15
永江朗
原書房
売り上げランキング: 5,923


|

« 覚え書:「徹底討議―日本のエネルギー・環境戦略 [編著]柳下正治」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「「アイドル」の読み方―混乱する「語り」を問う [著]香月孝史 [評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56226922

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「おじさんの哲学 [著]永江朗 [評者]角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。:

« 覚え書:「徹底討議―日本のエネルギー・環境戦略 [編著]柳下正治」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「「アイドル」の読み方―混乱する「語り」を問う [著]香月孝史 [評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)」、『朝日新聞』2014年05月11日(日)付。 »