« 覚え書:「吉野作造:『フリーメーソンリーの話』直筆原稿を入手 先入観ない吉野の視点 大崎の記念館、25日から展示 /宮城」、『毎日新聞』2014年05月23日(金)付。 | トップページ | 覚え書:「尼のような子 [著]少年アヤ [評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)」、『朝日新聞』2014年05月18日(日)付。 »

覚え書:「ロマ 生きている炎―少数民族の暮らしと言語 [著]ロナルド・リー [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年05月18日(日)付。

4_2


-----

ロマ 生きている炎―少数民族の暮らしと言語 [著]ロナルド・リー
[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)  [掲載]2014年05月18日   [ジャンル]文芸 


■迫害を受け、生身で社会と格闘

 「現在、日本などごく少数の国を除いて、ロマは世界中の国々に実在する。われわれの音楽や文化も理解されるようになった」
 と著者はこの日本語版への「はしがき」で書く。今やロマはそれぞれの国でその「主流社会に統合されつつある」というのだ。かつてジプシーと他称され、祖国を持たない民族との偏見も残っているとはいえ、1960年代、70年代よりは状況は改善されている。
 原書の初版は71年だが、ロマの一人としてどう生きたか、著者の自伝風の読み物である。カナダ社会にあってさまざまな迫害や蔑視を受け、ロマの人々は生身で社会と格闘する。盗み、売春、暴力があり、カナダ社会の変革を求める人権闘争がある。著者はその現実の中で、ロマ固有の文化、伝統、その誇りを、さらにその言語体系を辞典にすべく使命感を持ち続ける。
 「ロマがいるところには自由がある」とのロマの格言が、現実社会を裁断する刀との感がしてくる。
    ◇
 金子マーティン訳、彩流社・3024円
    --「ロマ 生きている炎―少数民族の暮らしと言語 [著]ロナルド・リー [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年05月18日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014051800012.html:title]

Resize1155


ロマ 生きている炎: 少数民族の暮らしと言語
ロナルド リー
彩流社
売り上げランキング: 268,295


|

« 覚え書:「吉野作造:『フリーメーソンリーの話』直筆原稿を入手 先入観ない吉野の視点 大崎の記念館、25日から展示 /宮城」、『毎日新聞』2014年05月23日(金)付。 | トップページ | 覚え書:「尼のような子 [著]少年アヤ [評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)」、『朝日新聞』2014年05月18日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56318100

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「ロマ 生きている炎―少数民族の暮らしと言語 [著]ロナルド・リー [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)」、『朝日新聞』2014年05月18日(日)付。:

« 覚え書:「吉野作造:『フリーメーソンリーの話』直筆原稿を入手 先入観ない吉野の視点 大崎の記念館、25日から展示 /宮城」、『毎日新聞』2014年05月23日(金)付。 | トップページ | 覚え書:「尼のような子 [著]少年アヤ [評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)」、『朝日新聞』2014年05月18日(日)付。 »