« 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『日本語とハングル』=野間秀樹・著」、『毎日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『暴露 スノーデンが私に託したファイル』=グレン・グリーンウォルド著」、『毎日新聞』2014年06月08日(日)付。 »

書評:今野真二『日本語の考古学』岩波新書、2014年。


1_3

今野真二『日本語の考古学』岩波新書、読了。印刷書物や電子データになじむと、「源氏物語の作者は?」と問われれば「紫式部」という常識に拘束される。しかし、写し手や時代が変わればがわりと変わるから、考古学的にアプローチする他ない。僅かな痕跡から日本語の変貌を解き明かす魅惑的試み。

例えば8世紀に成立した万葉集は、歌う「うた」を初めて「文字で書かれたテクスト」。現存する最も振るいテクストは西本願寺本(鎌倉時代の写本)で漢字に仮名振りだが、原万葉集は当然全て漢字表記と想定される。またテクストによって書体も異なってくる。

「『失われた部分』への意識をつねに持ち続けること。今目の前にある日本語がすべてだと思わないこと。そうしたことが、言語の長い歴史を復元していくときに必要な態度ではないかと思う」。日本語を考古学的に考察することは自明の前提にとらわれないことが必要。

字体の再編成は、書写の段階で誤認を起こすことも。紀貫之のテクストを書写した藤原定家もその一人で、文字がオタマジャクシに見え、写生するが如く書き写した模様だ。言語にはゆれの幅が存在した。統一されるのは一九〇〇年の第一号表(著者『百年前の日本語』岩波新書、参照

本書は『源氏物語』、『土左日記』、『平家物語』といった古典だけでなく、キリシタン版の「正誤表」から「正しい表記」という考え方の誕生や、「行」はいつ頃から出来たのか等々、多様性に富み、可能性にも満ちて開かれていた言語の歴史を発掘する。

グローバル化の進展は、(そもそも複数存在した)言語の単一性を自明のものと見なし、何かテクニカルな技術と点数に言語教育を還元し、ひたすら反復練習を繰り返すが、言語を理解する、学ぶとはそう歪なものではないだろう。考え方リフレッシュさせる好著。

 


Resize1294

日本語の考古学 (岩波新書)
今野 真二
岩波書店
売り上げランキング: 12,555


百年前の日本語――書きことばが揺れた時代 (岩波新書)
今野 真二
岩波書店
売り上げランキング: 35,062

|

« 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『日本語とハングル』=野間秀樹・著」、『毎日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『暴露 スノーデンが私に託したファイル』=グレン・グリーンウォルド著」、『毎日新聞』2014年06月08日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56463994

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:今野真二『日本語の考古学』岩波新書、2014年。:

« 覚え書:「今週の本棚:池澤夏樹・評 『日本語とハングル』=野間秀樹・著」、『毎日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『暴露 スノーデンが私に託したファイル』=グレン・グリーンウォルド著」、『毎日新聞』2014年06月08日(日)付。 »