« 覚え書:「南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者 [著]唐澤太輔 [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「トップ記事は、月に人類発見!―十九世紀、アメリカ新聞戦争 [著]マシュー・グッドマン」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 »

覚え書:「(声)人殺しを命じられる身を考えて=大学名誉教授 石田雄(東京都 91)」、『朝日新聞』2014年06月10日(火)付。


1_2

-----

(声)人殺しを命じられる身を考えて
2014年6月10日
 
 大学名誉教授 石田雄(東京都 91)

 積極的平和主義であれ、集団的自衛権の解釈によってであれ、海外での武器使用を認めることになれば、敵とされた人を殺す任務を果たす兵士が必要となります。旧日本軍の兵士であり、政治学を研究してきた一人として、安倍晋三首相には、こうした人のことを考えて政策決定をしてほしいと思います。

 私は、米英帝国主義からアジアを解放する正義の戦争だと思っていた軍国青年でした。しかし学徒出陣を命じられた時、どうしても人を殺す自信が持てませんでした。せめて見えないところで人が死ぬ方がいいと、海軍を志願しました。体が弱くて認められず、陸軍の要塞(ようさい)重砲兵を命じられました。目の前で人を殺さずに済むと安心しましたが、軍隊はそんな生やさしいものではありませんでした。

 命令されれば、誰でも、いつでも人を殺すという訓練をするのが軍隊でした。捕虜になった米兵を殺せという命令が出た時でも、従わないと死刑になるという問題に直面しました。

 戦争で人を殺した兵士は、ベトナムやイラクで戦った米兵を例にとっても、心の問題で悩んでいる人が少なくありません。殺人を命じられる人の身になって、もう一度、憲法9条の意味を考えてみて下さい。
    --「(声)人殺しを命じられる身を考えて=大学名誉教授 石田雄(東京都 91)」、『朝日新聞』2014年06月10日(火)付。

-----
 
 

12_2
Resize1329


|

« 覚え書:「南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者 [著]唐澤太輔 [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「トップ記事は、月に人類発見!―十九世紀、アメリカ新聞戦争 [著]マシュー・グッドマン」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56495414

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「(声)人殺しを命じられる身を考えて=大学名誉教授 石田雄(東京都 91)」、『朝日新聞』2014年06月10日(火)付。:

« 覚え書:「南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者 [著]唐澤太輔 [評者]赤坂真理(作家)」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「トップ記事は、月に人類発見!―十九世紀、アメリカ新聞戦争 [著]マシュー・グッドマン」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 »