« 覚え書:「おいしそうな草 [著]蜂飼耳 [評者]水無田気流(詩人・社会学者)」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『完訳 エリア随筆1-正篇[上]』=チャールズ・ラム著」、『毎日新聞』2014年06月15日(日)付。 »

日記:トマス・アクィナスをよむ意義


1


月に一度、コロンビア大学コアカリキュラムの教材を取り上げ、雄志で勉強会をしているのですが、5月がアウグスティヌスで、今月がトマス・アクィナス。キリスト教思想史における二大巨人の著作を概観して思うのは、二人とも「紋切り型」のフレーズで、究極的なことを語らないということでしょうか。

信仰世界における言語運用は、それが信/不信、救済可能性/不可能性といった究極的関心事に関わるとき、非常に貧しいやりとりになりがちです。まさに「紋切り型」のとってつけたような、どこか「僕の言葉」……ただ、これも究極的には「僕の言葉」なんてない訳ですが……とは違う「借り物」のそれとして。

アウグスティヌスの場合、マニ教の提示する安直な物語から脱却する過程において、徹底した自己内省察が遂行されますが、それは、まさに、究極的な関心事に関わることにおいて、自分で考えてみる、自分の言葉でそれを照らし直してみる、そういう「他者依存」とは異なる徹底的対峙が遂行されます。

トマスの場合も同じくです。大著『神学大全』を紐解くと一目瞭然ですが、問いに対する答えは設定されますが、それと同時に、あらゆる可能性が検討され列挙されます。究極的関心事に対する問い-答えというそれは一つかもしれません。しかし、それを背景から支える言語は多様に存在する。そのことを無視しない。

「それこそ深い信仰である」or「それこそ不信である」という言葉が投下される時の無味乾燥な、どことなく自分とは存在様態がリンクしない紋切り型のフレーズを徹底的に避ける中で、事柄を「自分自身に取り戻す」。その闘いをトマス・アクィナスは敢行していたのではないかと。そう思われます。

自身の著作全てを否定するトマス・アクィナス最後の10日間に肉薄するのが矢玉俊彦『判断と存在―トマス・アクィナス論考』(晃洋書房、1998年)。トマス自身そのテクストが固定化されることを最後まで退けた。借り物ではない、自分の頭で考えることと恩寵の交差は確かに存在する。

Resize1339

トマス・アクィナス (講談社学術文庫)
稲垣 良典
講談社
売り上げランキング: 101,755
トマス・アクィナス『神学大全』 (講談社選書メチエ)
講談社 (2013-03-05)
売り上げランキング: 24,289


判断と存在―トマス・アクィナス論考
矢玉 俊彦
晃洋書房
売り上げランキング: 1,666,262

|

« 覚え書:「おいしそうな草 [著]蜂飼耳 [評者]水無田気流(詩人・社会学者)」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『完訳 エリア随筆1-正篇[上]』=チャールズ・ラム著」、『毎日新聞』2014年06月15日(日)付。 »

神学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記:トマス・アクィナスをよむ意義:

« 覚え書:「おいしそうな草 [著]蜂飼耳 [評者]水無田気流(詩人・社会学者)」、『朝日新聞』2014年06月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:池内紀・評 『完訳 エリア随筆1-正篇[上]』=チャールズ・ラム著」、『毎日新聞』2014年06月15日(日)付。 »