« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 続く『希望格差社会』=山田昌弘」、『毎日新聞』2014年07月02日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「平和国家の変質:集団的自衛権・閣議決定/4 後方任務も戦闘常態化」、『毎日新聞』2014年07月05日(土)付。 »

書評:ガート・ビースタ(上野正道、藤井佳世、中村(新井)清二訳)『民主主義を学習する 教育・生涯学習・シティズンシップ』勁草書房、2014年。


1_2


ガート・ビースタ(上野正道、藤井佳世、中村(新井)清二訳)『民主主義を学習する 教育・生涯学習・シティズンシップ』勁草書房、読了。「民主主義の学習とは、政治における主体化である。学校や社会でいかに民主主義を学んでいくのか、理論的・歴史的・政策的に考察する」とある。欧州の公民教育を素材に「民主主義を取り戻す」方途さぐる一冊。

公教育としての「シティズンシップ教育」の現状は「社会化」を中心とする限定的な意義に留まっている点を著者は批判する。要は、社会の要求する人間に個人を収斂していくからだ。ひな形に人間を合わせることがシティズンシップと同義ではない。

社会化とは「毀損の社会的・政治的な秩序の再生産に関わる学校の教育の役割」であり「既存の秩序に対する個人の適応を強調する」ことである。今日なされているシティズンシップ教育・政策は、学習を個人の能力へ還元する歪な個人主義化に他ならい。

対して主体化とは「民主的なシティズンシップを個人が獲得する既存のアイデンティティとしてだけでなく、未来に向けて根本的に開かれた目下進行中のプロセスとして考えること」。民主主義の教育を日常生活の実践プロセスからの再構築を試みる。

現状のシティズンシップ教育を批判的に検討するなかで、「民主主義を学習する」シティズンシップ教育を、複数性と差異のなかで一人の人間が政治的な主体であることを獲得とするものとして措定し、その過程に終わり/完成はない。

自己責任を強調する市民概念、グローバル労働市場に適応するスキルに重点を置く学習を超え、子ども、若者、大人たちの日々の学習を支える条件を問い、その日常的な生活の実践プロセスのなかから人間の自立と連帯を模索する本書は今読まれたい一冊。

『民主主義を学習する』(勁草書房)の著者ガート・ビースタとは本書で初めての出会い。解説によれば、ポパーを契機にデューイを始めとするプラグマティズム研究からスタート、教育学との対話を深める。転機はデリダとの出会い、教育理論の可能性を脱構築(の実践性)にみいだす。

ハンナ・アーレント、レヴィナス、リギンズとの出会いは、教育を人間生活の全体性としての倫理=政治的方面への転回を促したという。日本ではほとんど知られていない教育哲学者かもしれないが、教育そして公の議論が特定の議論に収斂されやすい日本においてビースタの議論は刺激に満ちている。

Resize1513


民主主義を学習する: 教育・生涯学習・シティズンシップ
ガート ビースタ
勁草書房
売り上げランキング: 107,140

|

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 続く『希望格差社会』=山田昌弘」、『毎日新聞』2014年07月02日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「平和国家の変質:集団的自衛権・閣議決定/4 後方任務も戦闘常態化」、『毎日新聞』2014年07月05日(土)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56719841

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:ガート・ビースタ(上野正道、藤井佳世、中村(新井)清二訳)『民主主義を学習する 教育・生涯学習・シティズンシップ』勁草書房、2014年。:

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 続く『希望格差社会』=山田昌弘」、『毎日新聞』2014年07月02日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「平和国家の変質:集団的自衛権・閣議決定/4 後方任務も戦闘常態化」、『毎日新聞』2014年07月05日(土)付。 »