« 書評:尾佐竹猛『大津事件 ロシア皇太子大津遭難』岩波文庫、2014年。 | トップページ | 書評:「読書 人間にとって善とは何か=フィリッパ・フット著 筑摩書房」、『聖教新聞』2014年06月28日(土)付。 »

覚え書:「声 僕は戦場で人を殺せません」、『朝日新聞』2014年06月25日(水)付。


1_2

-----


僕は戦場で人を殺せません
中学生 (東京都 15)

 日本が憲法の解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認し、戦争ができる国になる可能性が日々増しています。おそらく戦場へ向かわされるであろう世代のひとりとして、気持ちを述べさせていただきます。
 僕の友人の中にも、集団的自衛権の行使が必要だと考える人はいます。しかし僕は反対です。徴兵され、戦場に送られ、人を殺したくないからです。
 人を殺すことは、通常の世界では最も重い罪です。しかし戦場では、その一番重い罪である人殺しを命令されるのです。命令に従うのがよいことで、命令に背けば罰せられます。この矛盾が僕には理解できず、受け入れられません。
 それに、人は何のために生まれてくるのでしょうか。戦いで人を殺したり、殺されたりするためではないはずです。全ての人間に与えられる人生は、たった一度です。人を殺した罪を引きずって生きたり、自分が望まない時に命が無理やり終わったりすることは、あまりにも残念で、悲しいことです。
 集団的自衛権の行使は、海外で人を殺すことを伴います。僕には、それは絶対できません。集団的自衛権行使の意味を国全体で考え直す必要があると強く思います。
    --「声 僕は戦場で人を殺せません」、『朝日新聞』2014年06月25日(水)付。

-----

12
Resize1460


|

« 書評:尾佐竹猛『大津事件 ロシア皇太子大津遭難』岩波文庫、2014年。 | トップページ | 書評:「読書 人間にとって善とは何か=フィリッパ・フット著 筑摩書房」、『聖教新聞』2014年06月28日(土)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56630660

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「声 僕は戦場で人を殺せません」、『朝日新聞』2014年06月25日(水)付。:

« 書評:尾佐竹猛『大津事件 ロシア皇太子大津遭難』岩波文庫、2014年。 | トップページ | 書評:「読書 人間にとって善とは何か=フィリッパ・フット著 筑摩書房」、『聖教新聞』2014年06月28日(土)付。 »