« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 格差広がり支援届かず 深まる女性の貧困=山田昌弘」、『毎日新聞』2014年07月30日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「キャンパる:戦争を考える/上 元沖縄県知事・大田昌秀さん/旧満州千振開拓団・中込敏郎さん」、『毎日新聞』2014年08月01日(金)付(夕刊)。 »

書評:トリン・T・ミンハ(小林富久子訳)『ここのなかの何処かへ 移住・難民・境界的出来事』平凡社、2014年。


1_4


トリン・T・ミンハ『ここのなかの何処かへ 移住・難民・境界的出来事』平凡社、読了。ポストコロニアリズムとフェミニズムの代表的映像作家・思想家の手による20年ぶりの評論集。グローバリズムの歓声はその理念と裏腹に領域を分断しつつあるのがその実情。その境界の扉を開く闊達な言葉に驚いてしまう。

本書で彼女が指摘する二元論的思考やできあいの観念への抵抗は取り立てて新しくない。しかし、私はどこに立ち、何が立ちふさがり、その先に何があるのかを考えるうえで、彼女が誘う「境界的出来事」への言葉は、ひととひとが共鳴する優しさと強さを秘めている。

“elsewhere, within here”ここのなかの、何処か別の場所へ。彼女は二項対立の境界線上にたちとどまりながら、ゆさぶってくる。 

[http://www.heibonsha.co.jp/book/b158638.html:title]


Resize1744

ここのなかの何処かへ: 移住・難民・境界的出来事
トリン・T. ミンハ
平凡社
売り上げランキング: 513,796


|

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 格差広がり支援届かず 深まる女性の貧困=山田昌弘」、『毎日新聞』2014年07月30日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「キャンパる:戦争を考える/上 元沖縄県知事・大田昌秀さん/旧満州千振開拓団・中込敏郎さん」、『毎日新聞』2014年08月01日(金)付(夕刊)。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/56978315

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:トリン・T・ミンハ(小林富久子訳)『ここのなかの何処かへ 移住・難民・境界的出来事』平凡社、2014年。:

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 格差広がり支援届かず 深まる女性の貧困=山田昌弘」、『毎日新聞』2014年07月30日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「キャンパる:戦争を考える/上 元沖縄県知事・大田昌秀さん/旧満州千振開拓団・中込敏郎さん」、『毎日新聞』2014年08月01日(金)付(夕刊)。 »