« 覚え書:「暮らしの明日 私の社会保障論 ドイツモデルの頑固さ=宮武剛」、『毎日新聞』2014年09月17日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「千の証言:軍国エリート少年、キリスト教の道究める 手のぬくもり、しみた 賀川豊彦に見いだされ=大木英夫さん」『毎日新聞』2014年09月23日(火)付。 »

催しのご案内:企画展「吉野作造と賀川豊彦―貧しき者、弱き者のために」(吉野作造記念館)


Photo


企画展「吉野作造と賀川豊彦―貧しき者、弱き者のために」

ともにキリスト教者だった吉野作造と賀川豊彦は、当時の未熟な資本主義社会の中で
困窮する人々を助けるため、様々な社会事業に取り組みました。日本のセツルメント
活動の草分け的存在となった2人の事跡から、大正デモクラシーの中に芽生えた相互
扶助の心を紹介します。

●企画展
 期間 10月12日(日)~12月28日(日)
 料金 大人・個人500円(常設展見学可能)

●オープニングシンポジウム
 日 時 10月12日(日)14時~16時
 テーマ 「吉野作造と賀川豊彦―貧しき者、弱き者のために―」
 パネリスト
 金井新二氏(賀川豊彦記念松沢資料館館長、東京大学名誉教授)
 大川真(当館 館長)
 コメンテーター・司会
 森田明彦氏(尚絅学院大学教授)
 料金 大人・個人500円(企画展・常設展見学可能)
 会場 吉野作造記念館 研修室
 申込み お電話にてお申込み下さい(電話0229-23-7100) 

百年前の日本-吉野作造を取り巻く時代背景
  東日本大震災復興支援 吉野作造記念館講演会
◎講演会
 日時 平成26年10月19日(日)午後1時30分~3時
 講師 原 武史 氏(明治学院大学教授、清泉幽茗流清泉会理事長)
 会場 吉野作造記念館 研修室
 定員 70名
 料金 無料(常設展・企画展見学は有料)

◎文人茶席 ※講演会終了後、祥雲閣にて茶席がございます。
 時間 午後3時30分~5時
 内容 清泉幽茗流(家元 古川純佳)宮城支部による文人茶席
 会場 祥雲閣
 料金 無料

主催 清泉幽茗流清泉会宮城支部
共催 吉野作造記念館指定管理者NPO法人古川学人
後援 大崎市・大崎市教育委員会・大崎市文化協会
    朝日新聞仙台総局・河北新報社・大崎タイムス社

[http://www.yoshinosakuzou.jp/:title]


11

12

Resize2172


|

« 覚え書:「暮らしの明日 私の社会保障論 ドイツモデルの頑固さ=宮武剛」、『毎日新聞』2014年09月17日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「千の証言:軍国エリート少年、キリスト教の道究める 手のぬくもり、しみた 賀川豊彦に見いだされ=大木英夫さん」『毎日新聞』2014年09月23日(火)付。 »

吉野作造研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/57489273

この記事へのトラックバック一覧です: 催しのご案内:企画展「吉野作造と賀川豊彦―貧しき者、弱き者のために」(吉野作造記念館):

« 覚え書:「暮らしの明日 私の社会保障論 ドイツモデルの頑固さ=宮武剛」、『毎日新聞』2014年09月17日(水)付。 | トップページ | 覚え書:「千の証言:軍国エリート少年、キリスト教の道究める 手のぬくもり、しみた 賀川豊彦に見いだされ=大木英夫さん」『毎日新聞』2014年09月23日(火)付。 »