« 覚え書:「耕論:スルーする力って? 『もっと自由になる』方策」、『朝日新聞』2014年10月07日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 中央こそ『発想の転換』を 『ないものねだり』抜け出そうとする自治体=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年10月08日(水)付。 »

日記:Der bestirnte Himmel uber mir, und das moralische Gesetz in mir.


1_2


10月08日水曜日の皆既月食。

手持ち撮影のコンデジでも割とうまく撮れました(ISO高いので粒子あらめ・涙

さて……と、

こういう天体の妙演や大自然の雄大さを間近にすると、

Der bestirnte Himmel uber mir, und das moralische Gesetz in mir.

……というカントの言葉を想起します。

自然の道理と人間世界の道理の美しさ。

大自然の妙なるものに手を合わせようとは思いませんが、法則の正しさとその永遠性に憧憬すると共に、人間の内奥にも同じようなものが存在する。

美しいじゃあありませんか。

ひるがえって現下の日本社会を見るにつけ、自然の道理にも、人間世界の道理の美しさにも無頓着な人間、しかもどちらかといえば、社会をマネジメントする立場の人間にそういう手合いが多いようです。

環境だけでなく人体をも破壊する危険性だけでなく、コストも割に合わない原発を推進しようだとか、差別を差別として認識できず人間世界を血で洗うような分断しようとする者というのは、「わが上なる輝ける星空とわが内なる道徳律」のどちらも関係ないんだろうなあ、と。


「道理よりも俺様乙」という具合なんですかねええええええ(ぎゃー

Resize2332
実践理性批判 (岩波文庫)
カント
岩波書店
売り上げランキング: 68,166
実践理性批判〈1〉 (光文社古典新訳文庫)
イマヌエル カント
光文社 (2013-04-11)
売り上げランキング: 308,157
実践理性批判2 (光文社古典新訳文庫)
イマヌエル カント
光文社 (2013-07-10)
売り上げランキング: 318,640
実践理性批判――倫理の形而上学の基礎づけ
イマニュエル・カント
作品社
売り上げランキング: 247,618

|

« 覚え書:「耕論:スルーする力って? 『もっと自由になる』方策」、『朝日新聞』2014年10月07日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 中央こそ『発想の転換』を 『ないものねだり』抜け出そうとする自治体=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年10月08日(水)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/57634514

この記事へのトラックバック一覧です: 日記:Der bestirnte Himmel uber mir, und das moralische Gesetz in mir.:

« 覚え書:「耕論:スルーする力って? 『もっと自由になる』方策」、『朝日新聞』2014年10月07日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 中央こそ『発想の転換』を 『ないものねだり』抜け出そうとする自治体=湯浅誠」、『毎日新聞』2014年10月08日(水)付。 »