« 覚え書:「特集ワイド:貧富の差拡大は資本主義の宿命 米でベストセラー『21世紀の資本』 日本でどう読む、ピケティ氏の主張」、『毎日新聞』2014年11月19日(水)付夕刊。 | トップページ | 覚え書:「リレーおぴにおん 女と女:7 自由で豊かなフェミニズム 岡野八代さん」、『朝日新聞』2014年11月19日(水)付。 »

日記:「○○人は宇宙人」という日本語のどこかが「悪いことは悪いと訴えている」“是々非々”なのか。世界遺産の神社でヘイトスピーチを垂れ流す佐藤一彦宮司の劣悪な日本語運用能力


1

-----

 本誌は佐藤氏を直撃し、ブログの真意や安倍首相との関係などについて聞いた。
--中国や韓国を批判するブログが、ヘイトスピーチのように読めます。
「まったくヘイトじゃないですよ。独断と偏見でつづっていますが、あくまで是々非々で、悪いことは悪いと訴えているだけです。宮司という立場なので、思っていることの半分も書いてませんから(笑)。ブログの一部だけでヘイトと捉えられるのは不当で、あくまで全体の趣旨を見てほしいですね。ただ、いろいろ面倒になると困るので(問題がありそうな記事は)今は閲覧できないようにしました。消去したわけではないので、時期を見て再公表しようと考えています。
--中国人や韓国人が嫌いなのようですが。
「私には韓国人の友人もいますし、押しなべて嫌いということはありません。作法に則って参拝してくれるなら、中国人も韓国人も大歓迎ですが、そうじゃない人たちは来なくて結構なんですよ」
--安倍首相が著書に推薦文を書いていますね。
「同じ山口県出身で、以前から親しくさせていただいてます。『今度、本を出すんです』と言ったら、『じゃあ書きましょう』と快諾してくれましたね。おかげさまで5000部が完売し、500部増版してから250部の予約がありました」
ーーブログを見て、ヘイトスピーチで有名な在特会が近づいてきませんか。
「私は嫌いですから、過去に(共闘の誘いを)断ったことはありますよ。関係はありません」
 佐藤氏はあくまで「在特会とは無関係」と言うが、疑念は残る。過去のブログには、在特会の活動を収めた動画のリンクが貼ってあっただけでなく、「在特会が言うだけなら何と言っても構わないでないか」と擁護したり、「在特会は狙われており、少しの法令違反でも逮捕される。在特会員であるだけでマークされている」と指摘。一方で、在特会のホームページでは、佐藤氏が会長を務める右派市民団体による2年前のデモが告知されていた。つまり、互いに同調している可能性が捨てきれないのだ。
 またひとつ浮かんできた、安倍首相とヘイトスピーチの浅からぬ縁。果たして、本当に根絶できるのか。本誌・鳴海崇
    --「スクープ:『ヘイトスピーチ神社』の過激暴言! 安倍首相と近しい宮司サン」、『サンデー毎日』毎日新聞社、2014年11月23日号、22頁。

-----

ようやく『サンデー毎日』の「ヘイトスピーチ神社」を読んだ。
“独善的なメッセージ”を発信し続ける、安倍首相と近しい宮司一彦サンのインタビューが最後に掲載されており、一読してぶっ飛んだ。

佐藤宮司サン、ブログでヘイトスピーチを垂れ流しているのですけど、その問題性を同誌は次のように指摘する。

「一連のブログは、ヨーロッパだと犯罪に該当する、暴力を伴わないヘイトスピーチでしょう。人種差別撤廃条約の第4条では『人種的優越性・劣等性の主張を犯罪とするべき』と指摘しており、これが国際法上で確定しているヘイトスピーチの定義です。とくにゴキブリやシラミ、ウジムシといった言葉は、まさにナチスドイツがユダヤ人相手に使ったものです」(前田朗・東京造形大教授)。

具体的に佐藤宮司サンのつづった文章は次の通りだ。

<共産支那はゴキブリと蛆虫、朝鮮半島はシラミとダニ。慰安婦だらけの国>
<支那人は『世界一汚い民族』だと、日本人は思い始めた!>
<韓国人は宇宙人だと思って付き合え>

口にすることすらはばかれる過激な暴言のオンパレード。

しかしながら、ご本人は、インタビューに「まったくヘイトじゃないですよ。独断と偏見でつづっていますが、あくまで是々非々で、悪いことは悪いと訴えているだけです」と応じる。

バカもここまでくると本物だなとうなってしまう。

さて……と。

佐藤宮司サン、悪いことは悪いと訴えているおっしゃりますが、ご本人曰く「是々非々」と仮定してみた場合、過激な暴言の数々は「是々非々」という範疇になるのかと誰何すれば、個々の問題の指摘ではなく、○○人全てを一括・単純化・抽象化して扱う言説ですから「是々非々」には当たらないわけでして……。

ご本人の日本語運用能力の問題性に躓いてしまう。

バカに付けるくすりはないといいますが、「70歳を超えてから命は惜しくないが、何も言わないままで死ねない」と“確信犯ぶり”それが問題であるということを「承知」のうえ、問題行動を振る舞っているご様子、というか「居直り強盗」か。

佐藤宮司サンが近しい、安倍首相が、宮司サンの著作に序文をよせており、その序文の日本語運用能力に問題があることを先だって指摘しましたけれども、同じ病気を患っているご様子。

バカにつける薬はない……ですまされないお二人です。

関連エントリ [http://d.hatena.ne.jp/ujikenorio/20141118/p1:title]

ヘイトスピーチ神社→ [http://www.yoshimizu-shrine.com/:title]

11
12
Resize0148

|

« 覚え書:「特集ワイド:貧富の差拡大は資本主義の宿命 米でベストセラー『21世紀の資本』 日本でどう読む、ピケティ氏の主張」、『毎日新聞』2014年11月19日(水)付夕刊。 | トップページ | 覚え書:「リレーおぴにおん 女と女:7 自由で豊かなフェミニズム 岡野八代さん」、『朝日新聞』2014年11月19日(水)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/58060046

この記事へのトラックバック一覧です: 日記:「○○人は宇宙人」という日本語のどこかが「悪いことは悪いと訴えている」“是々非々”なのか。世界遺産の神社でヘイトスピーチを垂れ流す佐藤一彦宮司の劣悪な日本語運用能力:

« 覚え書:「特集ワイド:貧富の差拡大は資本主義の宿命 米でベストセラー『21世紀の資本』 日本でどう読む、ピケティ氏の主張」、『毎日新聞』2014年11月19日(水)付夕刊。 | トップページ | 覚え書:「リレーおぴにおん 女と女:7 自由で豊かなフェミニズム 岡野八代さん」、『朝日新聞』2014年11月19日(水)付。 »