« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 福祉国家を支える教育=本田宏」、『毎日新聞』2014年12月24日(水)付。 | トップページ | 日記:なぜ、真摯な自己反省が、外界に目を向け他者と出会う真のプロセスの要因となり得ないのだろうか。 »

日記:2014年の3冊

1

自分でも驚く話ですが、有志ではじめた月の1度のコロンビア大学コアカリキュラム(※1)で紹介されている古典を読むという学習会、なんとか1年間継続できました。

テクストを読むという意義を再考させられた一年だったと思う。参加者のみなさん、ありがとうございました。

ソクラテスから始めましたが、秋口よりいったんカリキュラムから離れて参加者それぞれの「読んでみたい1冊」を回し、フーコーやサイード、リョサといった著作を読み、年末は忘年会をかねて、「読んでおきたい3冊」ないしは「2014年の3冊」を紹介しました。

氏家は、「2014年の3冊」として、次の3冊をチョイス。

1)リス・シリュルニク(林昌宏訳)『憎むのでもなく、許すのでもなく ユダヤ人一斉検挙の夜』吉田書店、2014年。

2)木田元『わたしの哲学入門』講談社学術文庫、2014年。

3)アイリス・M・ヤング(岡野八代、池田直子訳)『正義への責任』岩波書店、2014年。
それぞれ認識を更新し、不断に現実に関わっていく上で欠かすことのない3冊ではないかと思います。
参加者それぞれからもおのおのの3冊の紹介があり、有意義な時間を紡ぎ合うことができありがとうございました。

1月からまた始めますが、みなさまどうぞ宜しくお願いします。
また大晦日になりましたが、みなさまどうもありがとうございました。新しい年も宜しくお願いします。


※1[http://www.college.columbia.edu/core/:title]


Resize0632

憎むのでもなく、許すのでもなく―ユダヤ人一斉検挙の夜
ボリス シリュルニク
吉田書店 (2014-03-10)
売り上げランキング: 129,068
わたしの哲学入門 (講談社学術文庫)
木田 元
講談社
売り上げランキング: 58,599
正義への責任
正義への責任
posted with amazlet at 14.12.31
アイリス・マリオン・ヤング
岩波書店
売り上げランキング: 259,811

|

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 福祉国家を支える教育=本田宏」、『毎日新聞』2014年12月24日(水)付。 | トップページ | 日記:なぜ、真摯な自己反省が、外界に目を向け他者と出会う真のプロセスの要因となり得ないのだろうか。 »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記:2014年の3冊:

« 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 福祉国家を支える教育=本田宏」、『毎日新聞』2014年12月24日(水)付。 | トップページ | 日記:なぜ、真摯な自己反省が、外界に目を向け他者と出会う真のプロセスの要因となり得ないのだろうか。 »