« 覚え書:「特集ワイド:見過ごせない!安倍首相のヤジ」。『毎日新聞』2015年02月26日(木)付夕刊。 | トップページ | 覚え書:「引用句辞典 トレンド編 [強い返報性原理] テロ根絶に不可欠な 理由なく親切な人々=鹿島茂」、『毎日新聞』2015年02月22日(日)付。 »

拙文:「読書 小川仁志、萱野稔人『闘うための哲学書』講談社 思索の言葉めぐる対談集」、『聖教新聞』2015年02月28日(土)付。

001_2


-----

読書
闘うための哲学書
小川仁志、萱野稔人 著

思索の言葉めぐる対談集

 プラトンやデカルトといった古典的著作からフーコーやロールズなど思想史を刷新する現代の名著まで22冊の哲学書を取り上げ、気鋭の哲学者2人が、その魅力を縦横に語った対談集である。
 哲学とは何か--。それは「ものごとの本質を批判的、根源的に探究していく学問」(小川仁志)のことであり、具体的には「言葉を使って探究する」(萱野稔人)人間にとって最も身近な営みだ。哲学とはこんなにも面白いものかと驚かされる。哲学と聞けば難しそうな学問だとか、生活に関係ないと思い込む人にこそ手にとってほしい。
 本書の魅力は、2人の対談者がそれぞれ理想主義者(小川)、現実主義者(萱野)と対照することだろう。人間をめぐり、理想主義は現実の超克を展望し、現実主義は人間存在の条件に注目する。一冊のテキストに関する2人の議論は、一つの解釈に収まりきらない“英知の魅力”を召喚する。
 「哲学を学ぶことはできない、哲学することを学びうるだけである」とはカントの言葉だが、本書はその実践といってよい。思索の言葉と向き合い、自らの考え方を鍛えることで、“今、闘う”ことが可能になる。(氏)
●講談社現代新書・1080円
    --「読書 小川仁志、萱野稔人『闘うための哲学書』講談社 思索の言葉めぐる対談集」、『聖教新聞』2015年02月28日(土)付。

-----


Resize1407


Resize1383_2


闘うための哲学書 (講談社現代新書)
講談社 (2014-12-26)
売り上げランキング: 14,270

|

« 覚え書:「特集ワイド:見過ごせない!安倍首相のヤジ」。『毎日新聞』2015年02月26日(木)付夕刊。 | トップページ | 覚え書:「引用句辞典 トレンド編 [強い返報性原理] テロ根絶に不可欠な 理由なく親切な人々=鹿島茂」、『毎日新聞』2015年02月22日(日)付。 »

拙文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/59094311

この記事へのトラックバック一覧です: 拙文:「読書 小川仁志、萱野稔人『闘うための哲学書』講談社 思索の言葉めぐる対談集」、『聖教新聞』2015年02月28日(土)付。:

« 覚え書:「特集ワイド:見過ごせない!安倍首相のヤジ」。『毎日新聞』2015年02月26日(木)付夕刊。 | トップページ | 覚え書:「引用句辞典 トレンド編 [強い返報性原理] テロ根絶に不可欠な 理由なく親切な人々=鹿島茂」、『毎日新聞』2015年02月22日(日)付。 »